NEWS Tokyo

12 Nov 2020 Category -

これで安心!前髪くせ毛(天然パーマ)で悩む方にオススメの解決方法!

毎日朝からスタイリングしたのに、数時間後に

『あれっ?また前髪のくせ毛が戻ってる』

なんて事よくありますよね。

せっかくの朝の時間が無駄になったような気持ちになったり、前髪ってとても大事なパートなので元通りになってしまっただけでテンションが落ちてしまったり。。

そんな方に知ってほしい前髪のくせ毛で悩む方にオススメの解決方法を紹介していきたいと思います。

前髪のくせ毛(天然パーマ)って何?

この投稿をInstagramで見る

Hipsdeco/保坂真吾/大宮美容室/前髪カット(@hosa_sin)がシェアした投稿

そもそも、前髪のくせ毛といっても様々なケースがあります。

  • 生え癖がついてしまっている
  • パカっと割れてしまう
  • Cライン、Sラインのように毛先や中間がウネる
  • 前髪が浮いてしまう

などですね。

どうしてそのようになってしまうか、原因をしっかりと理解しそれに対応するやり方を知る事が大事ですね。

前髪がS字やCカールのようにうねる

この投稿をInstagramで見る

小顔前髪と前髪パーマ 髪質改善スペシャリスト東直宙🌅(@naokinb2)がシェアした投稿

もともと前髪がくせ毛で、まっすぐじゃない人の場合、S字にうねったりCカールのように左右どちらかに曲がってしまう事で悩んでいる方も多いと思います。

そういう方の解決方法として、濡れた状態から指を使い軽く引っ張りながらドライヤーで乾かしてあげましょう。

ドライヤー以外にも、ストレートアイロンを使ったりブラシを使ってもOKです!

また、固まらないスプレーなど最後に軽くかけてあげるともちもよくなりますので使用してみましょう。

前髪がパカっと割れてしまうくせ毛(天然パーマ)の人

この投稿をInstagramで見る

AOI(@aoi_kwbt810)がシェアした投稿

前髪がパカっと割れてしまう人の原因として、根元の生え癖がついてる人が多いように思います。

根元の生えぐせは自然なものなので直すことはできません。

ですが、スタイリング方法で綺麗なストレートの前髪に見せることは可能です。

前日の夜寝る前に割れてしまいやすい方向とは逆方向に根元から乾かします。

前髪の真ん中から割れやすい人であれば、前髪を左右どちらからに分けて根元をしっかりと方向性をつけて乾かしてあげてください。

このやり方を毎日繰り返すと、前髪が少しずつ割れにくくなります。

また、それでも割れやすい人は、前髪を頭頂部の方から重めに作ってあげるという方法もあります。

前髪が浮いてしまうくせ毛(天然パーマ)の人

この投稿をInstagramで見る

てんさん ✂︎美容師 /ミディアム/前髪カット/小顔カット(@tenhouo)がシェアした投稿

こちらもよく見かけるのですが、前髪が前に浮いてしまう人も多いですよね。

これは、根元の髪の毛が上に向かって生えてしまっているのが要因です。

そんな時は、ブラシなどを使い、上からおでこに押し付けるようにドライヤーで乾かしながら根元の立ち上がりを潰すとまっすぐな前髪になります。

それでも根元の浮き上がる癖はとても強いので一日持たない場合もあるでしょう。そんな場合は、あえて前髪を伸ばしてあげて流すようなスタイルにしてあげると楽だしストレスもたまりにくくなるのでオススメです!

湿気が前髪くせ毛(天然パーマ)の人にとって大きな大敵

この投稿をInstagramで見る

Hipsdeco/保坂真吾/大宮美容室/前髪カット(@hosa_sin)がシェアした投稿

どれだけしっかりスタイリングしたとしても、この湿気のせいで髪の毛が元どおりになってしまうケースがとても多いですよね。

気候の原因もありますが、運動したり汗かいた後でも元に戻りやすくなってしまいますよね。

そんな時は、重くならない軽めのスプレーをしてあげると長持ちします。

軽いスプレーをスタイリング後につけてあげることで、髪の毛の表面に薄い膜を作ってくれるので湿気や少しの汗などからも守ってくれてスタイルをキープしやすくなります。

前髪のくせ毛(天然パーマ)をヘアカットで治す方法

この投稿をInstagramで見る

Borderless Salon Tokyo/表参道 美容室(@borderlesssalon)がシェアした投稿

前髪のくせ毛はヘアカットで治せる場合もたくさんあります。

CカールやS字になりやすい人は、短く切り込むことでクセを出にくくするカット技法を使うとオススメです。

また、毛先を重めに残してあげる事でくせが出ないようにしたりする方法もありますね。

顔まわりの生え際だけくせ毛強い場合は、内側のヘムラインのみ短く切り込み、その上にある前髪を長めに被せてあげると解決する方法もぜひ参考にしていただきたいです。

前髪のくせ毛(天然パーマ)を生かす方法もオススメ

この投稿をInstagramで見る

T-Gardens New York Hair Salon(@tgardensnyhairsalon)がシェアした投稿

前髪のくせ毛で悩む人は多いと思いますが、逆にそのくせ毛を生かしてあげることができれば気にならなくなる人も多いかと思います。

例えば、前髪のクセが不均一であれば、それ以外の部分をカーリングアイロンであえてカールしてあげたり、今では前髪パーマなども流行っているので大きめのパーマをあててあげることで気にならなくなる場合もあります。

前髪だけくせ毛がひどい人は、前髪以外の全体もパーマでカールを作ってあげると全体に馴染むのでスタイリングもその方が楽になる場合も多いのでオススメです。

また、前髪が長い人は、編み込みをして左右にピンで留めてあげると、長時間キープできるので安心ですね。

男性でも多いくせ毛(天然パーマ)の解決法

男性だと髪の毛が短い人が多いのであまり気にならないと思う人も多いですが、意外と男性の場合は女性のように髪の毛が長くないので対処する方法が少ないです。

男性の場合、女性と同じようにカットで短くしたり、アイロンを使ってまっすぐにする方法、それ以外にも前髪を立ち上げてスタイリングしたりする事でクセが気にならなくなる人も多いと思います。

前髪を立ち上げる場合、ストレートより癖がある方がキープしやすいというメリットもあり、全体の長さが短い男性であれば立ち上げショートがオススメです。

どうしても前髪を下ろしたい場合は、縮毛矯正や酸熱トリートメント、ケラチントリートメントなどがオススメです。

前髪のくせ毛(天然パーマ)の人が注意してほしい3つの事

今までクセが出ていなかったのに、急にうねったりクセが強くなってくることもあります。

そうならないように毎日意識してほしい事3つを紹介します。

半渇きや濡れたまま寝る

濡れたままの状態で寝てしまうと、髪の毛の形が徐々にストレートからうねった状態にクセがつきやすくなります。なので毎日しっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。

ヘアカラーなどのダメージ

髪の毛はダメージが蓄積されると、一本一本の髪の毛が弱くなりストレート状態をキープできなくなってきます。なので過度のカラーや縮毛矯正などは控えるようにしましょう。

乾燥から髪の毛を守る

もともと髪の毛にはたくさんの水分が含まれているのですが、ドライヤー、冷暖房などにより髪の毛の内部にある水分がなくなっていくとパサつきやゴワゴワ、またウネリも出やすくなるのでしっかりとトリートメントなど使用して髪の毛を保湿してあげましょう。

前髪のくせ毛(天然パーマ)で悩む方は美容室で相談するのが一番

自分で直したりスタイリングする方法もありますが、やっぱり何もしなくても前髪がまっすぐストレートな状態をキープできると楽ですよね。

前髪のくせ毛は一人ひとり、形や強さ、また解決方法も様々なので実際にスタイリストに見てもらうと毎日のストレスからも解消されやすいです。

Baroque Tokyoでは、前髪のくせ毛(天然パーマ)で悩む人にオススメのメニューがあります。

オリジナルBaroque縮毛矯正は、たっぷりとストレートの薬剤にトリートメント成分を多く含ませているのでダメージを最小限に抑えつつ、キレイで持ちの良いストレートヘアにすることができます。

また、髪質改善サイエンスアクアを使うと、自然な髪質や形をキープしつつ悩みのクセの部分を抑えて毎日のスタイリングを簡単にすることもできます。

前髪のくせ毛(天然パーマ)で悩んでいる方は、ぜひくせ毛のスペシャリストが揃うBaroque Tokyoに一度ご来店ください!

  

LONDONBAROQUE Hair and Nails

4 Pollen St London W1S 1ND

English Line 020 7629 3940
Japanese Line 020 7491 2209

Contact

TOKYOBAROQUE TOKYO

〒150-0001 Tokyo, Shibuya City, Jingumae, 3 Chome 5-10 2F
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目5-10 2F

English & Japanese Line 03 5411 3011

Contact