News Tokyo

20 Sep 2021 Category -

グラデーションカラーが大人気!?色味や長さ別のスタイルを紹介!

いつも同じ髪色で、周りからも自分の髪の色など褒められたことないって人いませんか?

ヘアカラーで最も多いブラウン系の色味だと、どうしても一色なので同じ色をずっとしている人だと髪の色の変化に気づいてもらいずらいですよね。

そんな人にオススメしたいグラデーションカラーを今日は紹介したいと思います。

グラデーションカラーとは

グラデーションカラーとは、名前の通りグラデーションのように髪の毛の根元から毛先に行くにしたがい少しずつ髪の色や明るさが変化するデザインです。

日本人やアジア人のように髪の毛が元から黒い人種の場合はグラデーションになじみがありませんが、欧米人のように元から髪の毛が明るい人種の場合、太陽の日差しなど髪の毛が毛先に行くにしたがい自然と明るくなりやすいんですね。

その見た目がとても美しく、外国人風カラーという名前でとても人気が出ました。

実際、髪の毛が1色よりも、根元が暗めで毛先が明るい方が綺麗なグラデーションになるので見た目の雰囲気が良くなります。

立体的に見えやすく、色に違いがある方が結んだりアップにした際にも見栄えがいいのでオススメ!

グラデーションカラーのメリットとデメリット

これからグラデーションカラーをしようか考えている人に知っておきたいいくつかのメリットやデメリットを説明したいと思います。

 

グラデーションカラーのメリット

  • 見た目の雰囲気をオシャレにできる
  • 初めての人でも挑戦しやすい
  • 様々な色味で楽しめる
  • 根元にカラーしないのでしみたりしない

などが主なグラデーションカラーのメリットでしょう。

明るいヘアカラーは、見た目の雰囲気を大きく変えてくれるのでイメージチェンジや気分転換にはもってこいのヘアデザインです。

初めてのグラデーションカラーでも担当の美容師さんと相談しながら色を決めれば気に入ったスタイルになれますし、根元からブリーチを使用しないので頭皮が弱い人でも明るいカラーを体験できます!

なかなか職場の問題など明るいカラーをできる機会ってないので、学生さんの場合はバケーション中に、社会人の方でも暗めのグラデーションなら挑戦しやすいかと思います!

グラデーションカラーのデメリット

  • ブリーチを使用するので髪の毛が痛む
  • 色落ちするのが早い
  • ヘアケアが必要

グラデーションカラーにもデメリットが存在します。

やはりブリーチを使用することで髪の毛が痛みやすくなり、ブリーチに入れた色味はシャンプーするたびに落ちてしまうので毎日のヘアケアが大切になってきます。

なので、面倒臭がりの方や、髪の毛に無頓着な方だと少しお手入れなど大変だと感じてしまいやすいでしょう。

今ではケアブリーチや、ブリーチしても痛みにくいトリートメントなどたくさんあるので昔ほどブリーチによるダメージを気にしなくても良くなったので、髪の毛の痛みを気にしている人は、オラプレックスやファイバープレックストリートメントなどを提供しているサロンでカラーすると痛みにくくなるのでオススメ!

長さ別グラデーションカラー

これからグラデーションカラーをしたいけど、自分の髪の長さにあったグラデーションカラーがあるのか少し心配だと感じる人も多いかと思います。

グラデーションカラーは、デザイン次第で様々なレングス別でもチャレンジしやすいので、自分の長さや毛質にあった明るさ、色味など美容師さんと相談するといいですね。

ショートヘア×グラデーションカラー

ショートヘアの場合は、根元を暗く染めたり、わざと根元の黒い部分を残しつつ毛先に明るめのカラーをしてあげるだけで立体的に見えるのでオススメ!

ブリーチを使ったカラーじゃなくても、色のコントラストをしっかりと分けてあげるだけで髪の色の幅が広くなるので、ショートヘアの方は根元を暗く染めてあげるといい感じに仕上がりますよ!

ボブヘア×グラデーションカラー

こちらのお客様は、かなり明るめのシルバーアッシュブロンドのグラデーションカラー!

初めての方だと少し挑戦しにくい色味ですが、明るいカラーを1度や2度している方はチャレンジしてみてほしいオススメの色味です!

まるで外国人のような見た目の雰囲気で、幼く見られたくない人などに人気の色味ですね!

ボブの場合は毛先を少しカールで巻いてあげるといい感じに動きが強調されるので、コテなど用意しておくといいですね。

ストレートアイロンでも、毛先だけ跳ねさせたりするだけでグラデーションカラーが良い感じに見えるので、スタイリングは必ずする方がベターでしょう。

ミディアムヘア×グラデーションカラー

グラデーションで作る外国人風カラー

髪の毛を切ろうかどうか悩んでいる人に多いミディアムヘアーの方は、ぜひこの機会にグラデーションカラーに挑戦してみはいかがでしょうか?

伸ばすのも大変、切ってしまうのももったいないと感じてしまう人多いですよね?

グラデーションカラーにしてあげるだけで、おろしても結んでもイメージが変わるのでとてもミディアムヘアとの相性が良いです!

ロングヘア×グラデーションカラー

外国人風カラー

ロングヘアの方は、髪の毛を痛ませたくない人はブリーチカラーをあまりオススメしませんが、ロングヘアに似合う明るいカラーを楽しみたい方はグラデーションカラーにぜひ挑戦してみてほしいですね!

海外ではロングヘアの方の多くがハイライトを使ったグラデーションカラーになったヘアスタイルの方が多く、ストレートに下ろしていてもカッコ良く、カールで巻いたりアップするとより動きが強調されて大人の女性っぽいエレガントさも演出できますよ!

ロングヘアの明るいカラーはお手入れなどもしっかり必要ですが、やはり見た目のインパクトが大きいのでぜひ挑戦してほしいですね!

人気のグラデーションカラーの色味

日本や海外でもグラデーションカラーで共通する人気の色味があります!

グラデーションカラーの色味で悩んでいる方は、ぜひ今回紹介する色味の中から1つ選んで挑戦してみてください!

アッシュグレージュ×グラデーションカラー

一年を通して大人気のアッシュグレージュ系カラーは、寒色系の王道で一番人気のあるカラーといっても過言ではないほどたくさんの方がやりたい色味の1つですね。

しっかりと綺麗な色味を出すためには、ブリーチを使用してベースの色味を明るくしなければなりません。

明るくすればするほど、透明感のあるカッコ良いアッシュグレージュ系カラーになれるので、ブリーチを1回、または2回ぐらいしても大丈夫な方にオススメ!

ピンク×グラデーションカラー

ピンク系のカラーは、髪色が艶っぽく見えるので可愛い系や女性っぽさを出したい人はピンク系グラデーションカラーがオススメ!

ピンクの色味にも様々な雰囲気を出せるので、ピンクにアッシュを混ぜたり、ピンクにベージュを混ぜたりすることで柔らかい雰囲気や、カッコ良い雰囲気にも作れるのでぜひ挑戦してみてください!

紫(パープル)×グラデーションカラー

パープル系は暖色系に出る色味と、寒色系に出る薄めの色味の2種類があります!

赤みを出したい場合は暗めにしっかりと入れ、ブリーチを数回繰り返した髪には薄いパープルを入れることで白っぽくするために使用したりします。

パープル系は色落ちしてる時でも色味が綺麗なのが特徴的ですね!

ベージュ×グラデーションカラー

ハイライトで作る外国人風カラー

色味が強いものが苦手な人は、ベージュ系の柔らかい色味に挑戦してみましょう。

ブリーチを使ったブロンド系から、暗めのベージュで柔らかい雰囲気を作ることも可能です!

黄色ベースの色味は色落ちもそこまで激しくないのでナチュラルに見えやすく、洋服やメイクなども合わせやすいのでオススメですね!

グラデーションカラーのお手入れ方法

グラデーションをした後は、毎日のお手入れがとても大切です。

しっかりとお手入れをすることで、髪の毛の色味を長くキープでき、ブリーチした後の髪の毛でもパサつきにくくコンディションが良い状態をキープできるので、しっかりとこれから紹介するポイントを覚えておきましょう。

  1. アミノ酸シャンプーを使おう
  2. カラートリートメントを定期的に
  3. しっかりドライヤーで乾かそう

上記のポイントが大切になってきますね。

アミノ酸シャンプーを使用した方が良い理由として、薬局などで販売されているシャンプーの多くが高級アルコール系のシャンプーが多いんです。

しかし、それらのシャンプーは泡立ちが良いのがウリなんですが、洗浄力が強すぎてせっかくのカラーを洗い流してしまい、髪の毛にも刺激が強すぎるので痛みやすくなってしまうんですね。

アミノ酸シャンプーはその点、マイルドで髪の毛に優しく、カラーの色落ちもしにくいので使用するシャンプーをアミノ酸シャンプーに変えてみましょう。

そして、3日に1回、または1週間に1度のペースでカラートリートメントで色味を補ってあげることも大切です。

髪の色はシャンプーするときに一番色落ちしやすいのですが、それ以外にも太陽の紫外線や外の外気による刺激で髪の毛の色にも栄養があるんですね。

なので、自分が入れた色味をカラートリートメントで自宅で補うことで綺麗な色味を長くキープできるのでオススメ。

そしてシャンプーやカラートリートメント後は、必ず乾かすようにしましょう。

濡れた状態で放置してしまうと、開いたキューティクルから色味が落ちやすく、また洋服などにも色が付着しやすくなるので注意が必要です。

このようにグラデーションカラーをする人は、毎日使用するシャンプーやトリートメント、そしてしっかりと乾かしてあげることで色味を長くキープしやすくなるので覚えておきましょう。

グラデーションカラーのやり方

グラデーションのやり方はそれぞれのサロンで変わってきます。

一般的に多い方法の1つとして、中間から毛先にブリーチを塗布し、根元付近のブリーチを手でしごいてぼかしてあげる。

根元から毛先までブリーチで明度差をつけた後に、流して色味を足すというのが一般的な流れです。

それ以外にも、ホイルでしっかりとハイライトを入れてバレイヤージュやオンブレのように立体的な明度差で作るグラデーションカラーはより高度なテクニックを必要としますが仕上がりがより綺麗です。

グラデーションカラーはベースの明度差を作るプロセスが一番重要なので、このベースをしっかりと作れればどんな色を入れても綺麗に仕上がります。

しかし、このベースの色味がバラバラだったり、明るくするレベルやバランスが悪いと色味を入れても汚くなってしまいます。

なので、グラデーションカラーをする際は、ハイライトやブリーチが得意なサロンや美容師さんに必ずお願いするようにしましょう。

グラデーションカラーで失敗したら?

グラデーションカラーでよくある失敗例として、地毛とブリーチの部分が真っ二つにくっきりと別れてしまうこと。

こうなってしまうと、色味を入れた後はごまかせますが、色が落ちていくごとに失敗と明らかにわかるような仕上がりになってしまいます。

安いお店でよくあるパターンです。

もちろん、ちゃんとしたお店でもこのような失敗が多々あります。

グラデーションカラーで失敗したら、ベースのブリーチを使った土台づくりの修正が必要になってきます。

そうなると、またブリーチとカラーの値段がかかってきてしまいます。

こうならないために、安いお店でお願いするのではなく、ブリーチやハイライトが得意な美容室や美容師さんにお願いするようにしてくださいね。

毛先だけカラーがセルフでオススメ!

セルフカラーでグラデーションカラーにしたいと考えている人も多いかと思います。

しかし、ブリーチを使ったヘアカラーやハイライトを必要とするヘアカラーはとても難しく、失敗する確率がとても高くなります。

ましてや、セルフでやるとなるとより大変で技術や経験が必要なんですね。

どうしてもやりたい人は、毛先だけ染めるグラデーションカラーならチャレンジしやすいでしょう。

毛先に薬を手でつけてあげるだけで良いので一番チャレンジしやすいカラーでしょう。

しかし、それでリスクはあるので自分の理想通りのグラデーションカラーになりたい場合は、必ず美容室にお願いするようにしましょう。

グラデーションカラーは暗めと明るめどっちが似合う?

グラデーションカラーは、ブリーチを使うことが多いですが、色持ちをよくするために暗めの色にしっかり染めてあげるのも1つの手法です。

明るいカラーが好きな人は、薄めの色味を、色持ちをよくしたい人は暗めの色味をしっかりと染めてあげるのが一般的です。

グラデーションカラーの場合、どうしても毎日のシャンプーなどで色が少しずつ落ちてきてしまいます。

美容室で染めた状態を何日間もキープできるわけではないので、暗めにするのか、明るめにするのかは自分のライフスタイルやお手入れのしやすさなども踏まえて考えるようにしましょう。

東京でグラデーションカラーが得意な美容室

東京でグラデーションカラーが得意な美容室をお探しの方は、ぜひBaroque Tokyoに一度ご来店ください!

当サロンは、外国人の方も多くリアルな海外でも人気のグラデーションカラーを提供しております。

しっかりとホイルを使ったハイライトで、立体的に、色落ちしても見た目が綺麗なように土台を作っていくので色落ちした後もヘアデザインを綺麗な状態にキープできるのでオススメです!

グラデーションカラーが初めての方や、以前やったことあるけどあまり自分の希望通りにならなかったなどの経験がある方は、ぜひ一度Baroque Tokyoでグラデーションカラーを体験していただければと思います!

人気の外国人風カラーの色味

一人ひとりのお客様に似合うグラデーションカラーを提供しており、しっかりとカウンセリングをし、来店してよかったと思っていただけるようなサービスを提供しております!

Baroque Tokyoは、表参道から徒歩6分のところにある閑静な住宅地の中にあります。

ぜひ表参道にきた時は足を運んで頂けると嬉しいです!

皆様のご来店心よりお待ちしております!

24 Aug 2021 Category -

【2021年も人気】ブロンドカラー(金髪)の種類やオススメの色味を紹介!

ブロンドカラーをしたいけど、初めてだからちょっと心配な人や、過去に失敗されてまたチャレンジしたいけど怖くてできない人など多いと思います。

そんな人のために、ブロンドヘアのことをもっと詳しく知ってもらうためにこれから解説していきたいと思います。

ブロンドカラー(金髪)って何?

ブロンドカラーは、ブリーチを使って髪の毛の色素を抜いて作る明るい外国人のようなヘアカラーです。

日本人やアジア人のようにメラニン色素が濃い髪の毛は黒く、メラニン色素が薄い外国人の場合は明るい髪の毛の色をしているブロンドヘアーの人が多いですよね。

ブロンドヘアカラーをすることで、透明感のあるカラーや色味が綺麗な髪色に染めることができます。

これからブロンドヘアにしてみたいと思う人にとって、やる前に知っておきたい様々なことをこれから解説していきたいと思います。

ブロンドカラーはベースの明るさで大きく雰囲気が変わる

ブロンドカラーは、ブリーチ1回の状態とブリーチ3回した状態で入れた色味で全く違うカラーに見えます。

ベースの色が明るければ明るいほど、透き通った綺麗な色を表現できます。

ブリーチ1回するだけでもブロンドカラーと呼べますが、外国人のような雰囲気が好きな人は2回以上ブリーチするとより近づきやすいでしょう。

ブロンドカラーはトナーの色味で明度を調整できる

ブロンドカラーは、ブリーチした後にもう一度染めるトナーと呼ばれる色味の色によって明るくも暗くも設定できます。

ブロンドカラーに大切なのは、最初のブリーチの作業とこのトナーの色味。

この2つを掛け合わせると繊細な色の違いを作り出すことができるんですね。

ブロンドカラーの種類

ブロンドカラーと一括りにいっても、様々な種類があります。

  • ホワイト
  • ベージュ
  • シルバー
  • アッシュ
  • グレー
  • レッド
  • パープル
  • ブルー
  • グリーン
  • パール
  • ジンジャー
  • オレンジ

これらの種類は一部で、それらのカラーを混ぜたり明度差を調整することで様々な種類のブロンドカラーを作ることができます。

ブロンド系は一般的にはブリーチを使ったヘアカラーなので、黒髪と比べても見た目の雰囲気が柔らかく明るい印象を与えることができます。

自分に似合う色味がわからない人は、これから紹介する人気のブロンドカラーをぜひ参考にしてみてください。

ブロンドカラー人気の色味を紹介

ブロンドカラーは、ベースのブリーチ回数やトナーの色味によって様々な色のレパートリーが楽しめます。

ブロンドカラーは、ブリーチの回数が多ければ多いほど、高明度で透明感のある綺麗な色味を表現できます。

髪の毛へのダメージや、なりたい雰囲気が暗めのブロンドなら1回のブリーチで全く問題ありません!

ぜひ自分にあったブロンドカラーを探してみましょう。

ホワイトブロンドカラー

 

外国人のブロンドヘアといえばホワイトブロンドカラーがとても人気ですね。

白っぽく透き通るような綺麗な色味は、顔の印象も明るくしてくれてお人形さんのような雰囲気に。

黒髪の状態からここまで明るくするには、ブリーチが最低でも3回ほど必要になってくるでしょう。

髪の毛がもともと強い人などは大丈夫かもしれませんが、初めてブロンドカラーする人だと少しハードルが高いかもしれませんね。

アッシュブロンドカラー

ブリーチ1回で作るアッシュブロンドカラーは、ベースの明るさを上げれば上げるほどもっと透き通った高明度のアッシュの色味を表現できます。

こちらのお客様は1回のブリーチのみですが、ブリーチの回数が少なければ少ないほど髪の毛へのダメージも抑えられるので色持ちも良いです。

自分にあった明るさを見つけて、自分だけの色味を探してみましょう。

 

ベージュブロンドカラー

ベージュ系は柔らかい印象を表現できます。

日本でもグレージュやクリーム系カラーなどとても人気の色味ですね。

ベージュ系のカラーは、ブリーチでしっかり赤味を取らないと綺麗に作れないので、最低でもブリーチは2回ほど必要になってくるでしょう。

ベージュ系は洋服やメイクなど合わせやすく、外国人の髪質により近づけることができるのがこの色味になります。

 

シルバーブロンドカラー

Balayage highlights/バレイアージュ ハイライト

シルバー系は海外や日本でも爆発的に人気の色味です。

アッシュやグレーなど濁りのある色味を、ベースの明るい状態で入れるとシルバーっぽい色味になります。

こちらもブリーチを最低でも2回以上しないといけませんが、仕上がる色味はとても色っぽく周りからも目立つ色味なのでとても人気です。

色味が落ちるのがやや早めですが、カラーシャンプーなどを併用することで長くカラーを楽しめると思います。

 

ローズゴールドブロンドカラー

海外で人気のローズゴールド系カラーは、日本ではまだそこまでですが、欧米ではかなり人気の色味です。

明るめの状態にローズ系の赤っぽい色味と、ゴールドの黄色っぽい色味が混ざることで奇抜すぎず柔らかい印象に。

ローズゴールドは艶がある色味なのでパサついて見えにくく、上品でエレガントな雰囲気を演出できます。

ブロンドカラーになるにはブリーチ何回必要?

 

ブロンドカラーになるには、最低でもブリーチ1回必要です。

日本人のように黒髪の場合は、1度のブリーチでオレンジっぽい色味へと変化します。

その状態で入れたい色味を入れると透明感のある明るめのヘアカラーになりますが、ブロンドヘアと呼ばれるようなヘアカラーにするには最低でも2回以上は必要になってきます。

2回以上ブリーチをすることで、メラニン色素を取り除いて髪の毛を黄色っぽい状態までもっていきます。

その状態になると、高明度の色味もしっかりと入りやすく、本物の外国人のような透明感のある綺麗なブロンドヘアーになるのでオススメ!

ブロンドカラーの色落ちは早い?

ブロンドカラーをする場合は、ブリーチの影響で髪の毛が痛んでしまいます。

髪の毛のキューティクルをアルカリ剤の力で開き、1回目より2回目と ブリーチを繰り返すことで髪の毛への負担がとても大きいのでどうしても色が早く抜けやすくなります。

明るい髪の毛であればあるほど、キューティクルは開いた状態になってしまい、しっかり色を入れたとしてもシャンプー中など水分が入るとすぐに落ちてしまいます。

ブロンドカラーの色落ちを長くするためには、

  1. ブリーチする際にオラプレックスを使う
  2. 暗めの色を入れてもらう
  3. 家でもカラーシャンプーを使う

が大事になってきます。

ブロンドカラーにする人は、今まで以上にお手入れをしっかりしていただきたいので、これからどんなお手入れをしないといけないのか詳しく解説していきたいと思います。

ブロンドカラーのお手入れ方法

ブロンドカラーにした髪の毛は、ブリーチによるダメージで髪の毛が柔らかくなり傷つきやすくなっています。

なので普段の生活で起こる摩擦や、紫外線、ドライヤーの熱などにも弱くなってしまい、切れ毛や枝毛にもなりやすい状態です。

ブロンドカラーになった髪の毛は、内部の栄養も外へ流れ出てしまっているのでスカスカな状態です。

なので毎日しっかりと髪の毛に栄養を与え、保湿をしっかり行いましょう。

また、色味が落ちやすいので定期的に自宅でカラーシャンプーを使用し、抜け落ちる色味を足してあげることで色持ちもアップします。

そして外出時など、様々な髪の毛へのダメージを軽減させるためにオイルやクリームで髪の毛を保護してあげるようにしましょう。

ブロンドヘアを洗う時は、ゴシゴシ洗わずに、優しく頭皮を中心に洗うように、髪の毛の部分は泡をつけてなぞってあげるぐらいで十分です。

タオルで乾燥させる時も、しっかりと包んで水分をとってあげるようにし、摩擦を出来るだけ起こさせないように注意しましょう。

ブロンドカラーのスタイリング方法

ブロンドカラーになった髪の毛は乾燥しやすく、パサパサした印象を与えがち。

そんな時にオススメなのがオイルによる仕上げがとても人気です。

ブロンドカラーの場合は、ブリーチによる影響で髪の毛の内部に水分が足りない状態になっています。

せっかくブロンドヘアになっても、パサパサして傷んだ見た目になるのは嫌ですよね。

オイルによる仕上げは、見た目をツヤツヤにしつつ髪の毛への刺激をカバーしてくれるのでとてもオススメ。

ブロンドカラーのセルフでするときの注意点

ブロンドカラーにする前にチェックしておくべき項目があります。

  1. 過去に縮毛矯正やパーマをしていないか?
  2. 黒染めを過去にしていないか?
  3. 一緒に誰かに塗ってもらえるか?
  4. 薬剤を多めに用意しているか?

がとても重要なポイントになります。

それぞれもう少し詳しく解説してみたいと思います。

過去に縮毛矯正やパーマをしていないか?

ブリーチは髪の毛への負担がとても大きいので、縮毛矯正のように髪の毛がすでにダメージが多い状態でカラーすると、髪の毛が溶けたり、切れたりする可能性があります。

縮毛矯正をしている人は、セルフで絶対やらないようにしましょう。

どうしてもしたい場合は、担当のスタイリストと相談して、美容室でやるようにしてください。

黒染めを過去にしていないか?

過去に黒染めを1度でもしている人は、セルフでやると必ず失敗します。

美容師がやる場合でも難しいので、黒染めをしている人はブロンドカラーに不向きかもしれません。

どうしてもやりたい人は、ハイライトを使った方法で外国人風グラデーションなど利用すると良いですね。

こちらも、セルフではできないので美容師さんにお願いしましょう。

一緒に誰かに塗ってもらえるか?

セルフでブリーチを使用する際は、必ず友達や両親など一緒に塗布してくれる人と一緒に行いましょう。

セルフでブリーチを使用する場合、どうしても塗布するのに時間がかかったり、しっかり綺麗に全体を染めれないケースが多いです。

ブリーチを均等に明るくしないと、そのあとに入れるカラーの入り方にも差が出てしまい仕上がりが汚くなってしまいます。

ブリーチをセルフでやる時は必ず誰かに塗布するのを手伝ってもらうようにしましょう。

薬剤を多めに用意しているか?

セルフでカラーをする人によくある失敗が、カラー剤が足りないこと。

普通のカラーでもそうですが、セルフでやる人はどうしても金銭面を節約したいという考えから自分でカラーする人が多いですよね。

しかし、カラー剤がたっぷり塗られていないとカラーがまばらに仕上がりやすくなります。

特にブリーチの場合は、塗り漏れや塗布量が違うと、根元から毛先までヒョウ柄のように色がまばらになりやすいので注意しましょう。

ブロンドカラーはメンズにも人気

この投稿をInstagramで見る

p.aparna(@kpop_forever__1002)がシェアした投稿

韓国のBTSもそうですが、男性でもブロンド系のカラーがますます人気になってきます。

男性の場合は、短い人が多いので女性と比べても髪の毛へのダメージを気にしなくても大丈夫でしょう。

髪の毛を明るくすると、若く見えやすいので若い人に限らず様々な世代でもブロンドヘアーはオススメ!

30代から40代の方の場合は、白髪も増えてきやすいのでブロンドヘアーにすることで白髪を目だなくさせるという理由で明るいカラーにする人も多いですね。

ブロンドカラーはブリーチ無しじゃできないの?

ブロンドカラーのように、透明感のあるカラーにするにはブリーチが必須になります。

もともと日本人の髪の毛は黒髪なので、ブロンドっぽい雰囲気を出すためにはベースとなる黒髪を明るくしないと色味が入りずらいんですね。

今人気のイルミナカラー やアディクシーカラーでも透明感のあるカラーは作れますが、ブロンドカラーの場合はブリーチを使わないと作れない色味が多いので、ブロンドカラーにしたい人はブリーチ必須です。

痛みを気にしている方は、オラプレックスやファイバープレックスなどブリーチの痛みを最小限に抑えるトリートメントと一緒にすると、髪の毛への負担がとても小さくなるのでかなりオススメ!

ブロンドカラーのやり方やオーダー方法

グラデーションで作る外国人風カラー

ブロンドカラーにしたいと思っている方は、自分の理想の仕上がりをしっかりと写真などで見つけておくようにしましょう。

ブロンドヘアにも様々な色味や染め方があり、一色で染める場合やグラデーションや外国人風ハイライトのように少し違ったデザインで染める場合もあります。

自分に似合うのはどんなカラーなのかは、美容師さんと相談するようにしましょう。

美容室でオーダーする際に注意すべき点として

  • ブリーチの回数
  • オラプレックスの使用
  • トナーの色味

のあたりは知っておくと便利です。

ブリーチの回数は、1回より2回目、2回目より3回目とかなり髪の毛の状態が変化します。

なりたい理想のブロンドヘアになるのはいいですが、髪の毛がボロボロになって切れたりすると元も子もないですよね。

自分の髪の状態に合わせて、何回までならブリーチしても大丈夫なのか美容師さんと相談しましょう。

ブリーチ時は、オラプレックスやファイバープレックスと行ったブリーチに特化したトリートメントは必ず同時に行うようにしましょう。

これをするのとしないのとでは雲底の差になります。

また、ブリーチ後に入れる色味ですが、ブリーチした髪の毛に入れる色味はどうしても早く抜けてしまいやすくなります。

黄色っぽくなるのが嫌な人は、トナーの色味を暗く設定したり、補色など黄色っぽさが出ないようにしっかりと美容師さんと相談しましょう。

ブロンドカラーを東京でやるならBAROQUE TOKYOにお任せください!

人気の外国人風カラーの色味

Baroque tokyoでは世界中のお客様が来店する美容室なので、ブロンド系のヘアカラーがとても得意です。

様々な国のお客様の髪の毛を施術してきたからこそ提供できる技術力や知識があります。

初めてブロンドカラーの人や、他店で自分のイメージ通りにならなかった人など、ぜひ一度足を運んでいただけると嬉しいです。

一人ひとりのお客様に気に入っていただける素敵なブロンドカラーを提供します!

 

Baroque Tokyoは表参道駅から徒歩6分の場所に位置しています。

スタイリストは、日本とロンドンで経験を積んだバイリンガルスタイリストです。

当サロンのスタイリストは、ロンドンやオーストラリアなど海外での経験や知識が豊富な美容師がお客様の髪の毛を担当させて戴きます!

Baroque Tokyoでは、一人ひとりのお客様に納得して頂けるようなサービスを提供していますので、しっかりとカウンセリングでお客様の理想のイメージや髪の毛のコンディションなどを共有しています。

『Baroque Tokyoに来て良かった』

と心から思っていただけるようなサービスを提供しておりますので、ぜひとも皆様のご来店を心よりお待ちしております!

ご予約は、お電話、コンタクトフォームやホットペッパーからも可能となっております。

皆様と会いできる事を心よりお待ちしております!

ホットペッパーには初めての方でもお得なクーポンを多数用意しておりますのでぜひこの機会にご利用ください◎

ホットペッパービューティー

コンタクトフォーム

03-5411-3011

『2021年最新』弱酸性縮毛矯正って何?特徴や効果を徹底解説

【2021年最新】髪質改善ストレートと髪質改善トリートメントの違いを徹底解説!

【2021最新】前髪の縮毛矯正をする前に知っておくべき事を解説

【2021最新】人気のアディクシーカラーのメリットとデメリット徹底解説

【2021最新】デジタルパーマ(デジパ)と普通のパーマの違いを徹底解説

【2021年】美髪チャージ(サイエンスアクア)のメリットとデメリットを解説!

【2021最新】人気の外国人風カラーで知っておきたい10の特徴を解説!

『2021最新』グラデーションカラーでモテる髪の毛を徹底解説!

『徹底解説』ローライトを使ったオシャレ女子の上級テク

これで安心!前髪くせ毛(天然パーマ)で悩む方にオススメの解決方法!

19 Jul 2021 Category -

メンズ縮毛矯正で失敗されないために頼み方や注意点を徹底解説

縮毛矯正は女性だけではなく、男性にも人気のメニューの1つです。

くせ毛の男性の場合、クセを生かしたヘアスタイルにするパターンと自然なストレートヘアに矯正するパターンの2つが最も主流です。

一人一人のクセの度合いによって仕上がりや難易度が変わるので、メンズの方でくせ毛や天然パーマで悩んでいる方は一度担当の美容師さんと相談するといいでしょう。

今回は、メンズで縮毛矯正しようか悩んでいる人のために、様々な疑問や不安を解消できるように解説していきたいと思います。

縮毛矯正&髪質改善に特化した美容室検索サイトでもBaroque Tokyoがオススメの美容室10選に選ばれました!

表参道で縮毛矯正が上手なオススメ美容室10

https://goodvibeshair.jp/omotesando-straightening/

メンズの縮毛矯正とは

メンズの縮毛矯正はレディースと比べても難易度が難しくなる矯正技術です。

メンズの場合、長さが短く薬液の塗布やアイロンの入れ方によって仕上がりを調整する技術力や経験値がとても必要なので、下手な美容師に縮毛矯正をされてしまうとペチャンコになったり、仕上がりがツンツンと針金のような状態になってしまうケースがあります。

これからメンズの方で縮毛矯正をしようか考えている人は、美容室選びを慎重にする事が大事です。

メンズ縮毛矯正はこんな人にオススメ

前髪や顔まわりだけ根元のクセが強い

メンズの場合、長さが短いので根元の部分や顔まわりなど大事なポイントがクセでうねっていると、スタイルを作るのがとても難しくなりますよね。

毛先の方向性も根元がうねっていると全てデザインがおかしくなるので根元の矯正はとても大事です。

朝から簡単にスタイリングしたい

男性の場合、女性のように朝から1時間以上早く起きてメイクやヘアスタイルの準備する人は少ないかと思います。起きてすぐにストレートヘアだと、スタイリングもワックスなどで簡単に作れるので、ストレートヘアをキープする人が多いです。

自分のくせ毛のバランスが悪い

メンズのくせ毛の人の場合、顔まわりだけくせが強かったり、生え際や耳周り、襟足だけウネリが強い場合があります。このように全体のバランスがバラバラの場合はくせ毛風のスタイルを作りにくいのでストレートに矯正するととても楽です。

縮毛矯正とストパーはどう違うの?

メンズの方で縮毛矯正かストパーのどちらかに悩んでいる人のために少し解説してみたいと思います。

メンズの方で美容室で予約する際に、縮毛矯正科ストパーのどちらでオーダーするかによって仕上がりが大きく違ってきます。

なぜなら縮毛矯正とストパーは似たような技術なのですが、アイロンをする施術があるかないかで仕上がりが大きく変わってくるからです。

縮毛矯正とストパーの違いをこちらで解説してみます。

メンズの縮毛矯正の特徴

    • クセが強い部分をまっすぐに矯正したい
    • 根元のボリュームを抑えたい

    メンズの縮毛矯正でよく利用される特徴が、クセをまっすぐに矯正する事と、根元の部分だけボリュームダウンして方向性やスタイルを作りやすくする場合がとても多いです。

    メンズのストパーの特徴

    • クセはそこまで強くないけど全体のボリュームダウンしたい
    • 過去にかけたパーマを落としたい

    メンズがストパーをする際は、髪の毛全体の毛量が多くてボリュームダウンしたい場合や、過去にかけたパーマを元の状態に戻す際に利用する場合がほとんどです。

    縮毛矯正ではアイロンの熱を使いながらくせをしっかりと伸ばし、ストパーの場合はコームでくせを伸ばすだけなので、くせ毛や天然パーマのようなクセをまっすぐに伸ばす力がありません。

    メンズがストパーをする場合はこんな人にオススメ

    • パーマをかけたけど取りたい
    • 髪の毛のボリュームを少し抑えたい
    • クセやうねりを少し弱めたい

    男性の場合、縮毛矯正なのかストパーなのかどちらが自分の髪質やなりたいヘアスタイルに必要なのか、担当のスタイリストさんにしっかりと相談してから決めましょう。

    メンズ縮毛矯正で失敗されるケース

    メンズ縮毛矯正で失敗されるケースがあります。

    よく起こる失敗例として

    1. 真っ直ぐすぎる
    2. トップのボリュームが無い
    3. 毛先が傷んだ
    4. 髪の量が減った

    などがよくある失敗ケースです。

    それぞれもう少し詳しく解説していきたいと思います。

    メンズ縮毛矯正した後真っ直ぐになりすぎる

    メンズ縮毛矯正の場合、髪の毛が短い状態の男性が多いのでアイロンワークや薬の選定をこだわっていないサロンの場合は、真っ直ぐすぎる仕上がりになり、ハリネズミのようにツンツンした状態になりやすいです。

    短ければ短いほどそのリスクがあり、長ければ長いほどなりにくいです。

    真っ直ぐ過ぎが嫌な人は、仕上がりのイメージを必ず美容師さんに伝えるようにしましょう。

    メンズ縮毛矯正した後トップのボリュームが無い

    根元からしっかりと縮毛矯正をやりすぎると、根元がストレートになりすぎてぺちゃんとした仕上がりになります。

    メンズスタイルの場合、トップにボリュームがある方がひし形に見えやすくバランスも良いので根元のクセは1cm〜2cmほど開けておくことをお勧めします。

    何もわからず根元から真っ直ぐしすぎると、カツラっぽくなりやすいので注意しましょう。

    メンズ縮毛矯正した後毛先が傷んでしまった

    メンズ縮毛矯正の場合、長さが短いので使用する薬剤が毛先にタレてきたり、塗布してる最中に毛先に少し付着してしまうケースがあります。

    毛先はとても痛みやすく、長時間放置しすぎると毛先がチリチリになるパターンもあります。

    美容師の塗布技術によりますが、塗布してる最中は頭をあまり動かさず、放置中も頭を左右に傾けたりしないようにしましょう。

    メンズ縮毛矯正した後髪の毛の量が減った

    メンズ縮毛矯正の場合、しっかりストレートにしようと強い薬剤を使用する美容室がとても多いです。

    その結果、薬剤が過剰に反応しすぎて髪の毛が傷み、根元から切れてしまったりしてつむじ付近やトップから毛が薄くなる場合があります。

    これは薬剤の選定や放置時間、アイロン操作によるミスで起こります。

    このような状態にならないようにするには経験豊富なメンズ縮毛矯正の専門店を利用するようにしましょう。

    メンズ縮毛矯正の値段は?

    メンズ縮毛矯正をする際の値段は、【全体】【ポイント】によって値段が変わってきます。

    また、縮毛矯正とカット料金は別々のところが多いです。

    ポイント縮毛矯正の場合は5000〜8000円ぐらいが一般的。

    全体の縮毛矯正は10000〜20000円ぐらいが一般的でしょう。

    基本の縮毛矯正の値段はどのサロンでも高く設定されていますが、カット込みで安くメンズ縮毛矯正をしてもらえる方法があります。

    それがホットペッパーのクーポンを利用すること。

    ほとんどのサロンでは、クーポンで縮毛矯正する場合はカット込みになっている場合がほとんどなので、ホットペッパーからの予約であれば安めの値段でメンズ縮毛矯正とカットを同時にやってもらえるでしょう。

    ホットペッパービューティー

    メンズ縮毛矯正は長さが必要

    メンズ縮毛矯正をしようか考えている人の場合、髪の毛の長さがとても重要になってきます。

    短ければ短いほど難易度や仕上がりのデザインが難しくなります。

    長さ 仕上がり 難易度
    〜5cm 違和感
    5cm〜10cm 普通 普通
    10cm〜 自然 簡単

    上記は参考例ですが、メンズ縮毛矯正の場合は、短ければ短いほど仕上がりが真っ直ぐになりすぎたり、アイロン操作による影響が出てしまうのでヘアスタイルに影響が出てきます。

    メンズ縮毛矯正を考えている人は、自分の長さで可能かどうか、またなりたいデザインを前もって美容室に問い合わせなどしておくと安心して予約できると思います。

    メンズの縮毛矯正は安い美容室じゃなく上手な専門店に

     

    メンズの方が縮毛矯正のお店選びをする際に、安いお店を探していく場合があると思いますが、縮毛矯正は美容技術の中でも特に難しく、安い美容室で施術してもらうと失敗されるリスクがあります。

    メンズ縮毛矯正をする人は、必ず専門店にお願いするのが確実です。

    メンズ縮毛矯正の専門店とは

    1. 縮毛矯正や髪質改善のお客様が多い
    2. 縮毛矯正に関する口コミが多い
    3. 薬剤など他店とは違うやり方やこだわりがあるか
    4. SNSなどで実際の仕上がりをチェック

    などをチェックしてみるといいでしょう。

    少し掘り下げて解説していきます。

    縮毛矯正や髪質改善のお客様が多い

    上手な縮毛矯正のお店は、縮毛矯正や髪質改善で来店するお客様がとても多いのが一般的です。たくさんの縮毛矯正のお客様を毎日施術するからこそ、技術力が高く経験も豊富なので信頼できます。

    縮毛矯正に関する口コミが多い

    予約する前に様々な口コミをチェックしてみましょう。メンズの縮毛矯正をしたいのに、縮毛矯正や髪質改善に関する口コミが書かれていないお店だと、そもそも縮毛矯正が得意ではない場合があります。

    オリジナルの薬剤などこだわりのある美容室なのか

    縮毛矯正にこだわっている美容室の場合は、薬剤などもオリジナルで作ったり、サロン独自のやり方やこだわりが他のサロンと比べても違うので、専門店でメンズの縮毛矯正をする方が後悔しないでしょう。

    メンズ縮毛矯正する際の頼み方

    メンズ縮毛矯正する上でとても重要なのが美容師への頼み方。

    美容師さんにお任せで縮毛矯正をお願いしてしまうと、自分が思っていたようなデザインにならない場合があるので、ポイントごとに解説してみたいと思います。

    初めてメンズ縮毛矯正する人

    初めてメンズ縮毛矯正をする人は、根元から毛先まで縮毛矯正をする場合がほとんです。

    この際になりたいヘアスタイルによっても変わってきますが、

    • 毛先を柔らかく仕上げて欲しい
    • ダメージを抑えて欲しい
    • 根元のボリュームを残して欲しい

    などのオーダーはしておいた方がいいでしょう。

    このようなオーダーをしていない場合、根元から毛先までまっすぐになりすぎたり、メンズ縮毛矯正だから強めの薬剤を使用されて髪が傷んだり、根元ボリュームを残さず縮毛矯正するとトップがペチャンコになってスタイリングがしにくくなる可能性があるので注意しましょう。

    過去にメンズ縮毛矯正履歴がある人

    過去にメンズ縮毛矯正をしたことがある人の場合は、基本的に根元の新しく生えた部分だけ縮毛矯正をする方がいいでしょう。

    ここで根元から毛先の部分まで縮毛矯正してしまうと、毛先の部分がかなり痛みやすく切れ毛や縮毛になるリスクがあります。

    また、美容師さんの塗布技術が下手だと縮毛矯正の薬が毛先に付着したりするのでビビリ毛と呼ばれるチリチリの状態になってしまう可能性も数多くメンズ縮毛矯正の場合はあるので注意しましょう。

    全体に縮毛矯正をかけたくない人

    ポイント縮毛矯正のように、前髪の生え際や襟足の根元部分のみなど、クセが強い部分が全体じゃなくてポイントの場合は、それまでを担当の美容師さんに伝えて、クセが強い部分のみポイントでメンズ縮毛矯正をしてもらう方がスタイリングしやすくメンテナンスも簡単でしょう。

    クセが強くない部分にまでメンズ縮毛矯正をお願いしてしまうと、全体的にまっすぐになりすぎてメンズのヘアスタイルが作りにくくなるので、ポイントでお願いしたいときはしっかりと説明しておきましょう。

    メンズ縮毛矯正のセット方法

    メンズ縮毛矯正した後、ほとんどの人がセットをすると思います。

    ストレートになった状態の髪の毛にそのままワックスをつけてスタイリングする人や、アイロンを使って毛先をカールにしたり、根元のボリュームを立ち上げたりする人も。

    特に注意しないといけないのはアイロンを使ったセットをする男性の場合、やりすぎると毛が切れたり毛先がパサついてストレートの状態が取れてしまいやすいので注意しましょう。

    アイロンは毛先をハネさせたり根元の立ち上げを作るにのとても適していますが、毎日繰り返すと髪の毛も相当傷みます。

    アイロンを使用する時は必ず

    • 熱変性の心配の無い130℃以下で使用
    • 保護クリームやオイルを使用
    • 毎日アイロンを使用しない

    など使い方ややり過ぎに注意しましょう。

    メンズ縮毛矯正とカラーについて

    メンズ縮毛矯正をしている方の中でも、ヘアカラーを楽しみたいと思っている人も多いでしょう。

    しかし、ヘアカラーと縮毛矯正を同時に施術すると髪の毛への負担が大きく、チリチリになったり失敗されるケースも少なくなりません。

    セルフでカラーをしている人は失敗されるケースが多いので、できるだけサロンでカラーをするようにしましょう。

    縮毛矯正とカラーについて、かなり詳しく書かれているこちらの記事を参考にして見てください。

    縮毛矯正とカラーについて知っておきたい10の事

    メンズ縮毛矯正のビフォーアフター

    メンズのお客様の場合、

    • 剛毛で扱いにくい
    • くせ毛強くてスタイリングしにくい
    • ボリュームを抑えたい

    など様々な要因でご来店いただいております。

    来店していただき、一人一人のメンズのヘアデザインに合わせた施術や薬剤を選定しておりますので、ぜひ一度カウンセリングでも来店していただければと思います。

    メンズ縮毛矯正で良くある質問Q&A

    メンズ縮毛矯正すると痛みますか?

    メンズ縮毛矯正する場合、Baroque Tokyoでは酸性縮毛矯正や髪質改善など様々なメニューをご用しており、髪の毛が痛みにくいようにオリジナルの薬剤をしようしておりますので安心してください。

    メンズ縮毛矯正した前髪でもかきあげスタイルできますか?

    かきあげスタイルにしたい場合は、前髪の長さやスタイルに合わせて根元のクセづけなどが必要になります。

    なので担当のスタイリストにしっかりと施術前にイメージのデザインを伝えておきましょう。

    メンズ縮毛矯正してペチャンコになるのが嫌なんですが

    根元をしっかりと伸ばすとどうしてもボリュームが減ったように見えます。ペチャンコになるのが嫌な人は、髪質改善サイエンスアクア の方がボリュームもキープできるのでオススメです。

    メンズ縮毛矯正をしたらシャッキーんとなってしまいましたが修正できますか?

    他店でもうすでに失敗された場合、薬剤などを使用するとよりダメージが重なるので、今後のなりたいイメージに合わせてカットや提案をさせて頂いております。

    メンズ縮毛矯正したあとでも横に流せますか?

    前髪を横に流したい場合は、方向付けやアイロン操作が必要になってきます。Baroque Tokyoではしっかりと事前にお客様とカウンセリングでなりたいスタイルを共有してから開始するので流すスタイルも大丈夫です!

    メンズ縮毛矯正した日はシャンプーしてもいいですか?

    縮毛矯正は、施術後でも髪の毛自体は完全に固定されていません。空気中の酸素と結合することによって少しずつストレートの状態がキープされるので、1日、または2日ぐらいはシャンプーを控えましょう。

    メンズ縮毛矯正した次の日はアイロン使ってもいいですか?

    先ほどのシャンプーと同じように、完全にストレートに固定されていない状態の時はアイロンの熱も使用しない方がいいので、1日または2日ぐらいはアイロンの使用も控えてあげましょう。

    メンズ縮毛矯正が上手な美容室をお探しの方はBaroque Tokyoへ

    Baroque Tokyo

    Baroque Tokyoは表参道駅から徒歩6分の場所に位置しています。

    スタイリストは、日本とロンドンで経験を積んだバイリンガルスタイリストです。

    海外でも縮毛矯正の需要はとても多く、様々な人種の髪の毛でも対応できる技術力と知識力を持っております。

    当サロンでは、様々なお客様の悩みを解決できるように

    • オリジナル縮毛矯正
    • 酸性縮毛矯正
    • 中性縮毛矯正
    • 髪質改善サイエンスアクア

    のように、髪質、ダメージ度合いや仕上がりのイメージに合わせて薬剤を剪定しております♪

    当サロンのスタイリストは、ロンドンやオーストラリアなど海外での経験や知識が豊富な美容師がお客様の髪の毛を担当させて戴きます!

    Baroque Tokyoでは、一人ひとりのお客様に納得して頂けるようなサービスを提供していますので、しっかりとカウンセリングでお客様の理想のイメージや髪の毛のコンディションなどを共有しています。

    『Baroque Tokyoに来て良かった』

    と心から思っていただけるようなサービスを提供しておりますので、ぜひとも皆様のご来店を心よりお待ちしております!

    ご予約は、お電話、コンタクトフォームやホットペッパーからも可能となっております。

    皆様と会いできる事を心よりお待ちしております!

    ホットペッパーには初めての方でもお得なクーポンを多数用意しておりますのでぜひこの機会にご利用ください◎

    ホットペッパービューティー

    コンタクトフォーム

    03-5411-3011

    『2021年最新』弱酸性縮毛矯正って何?特徴や効果を徹底解説

    【2021年最新】髪質改善ストレートと髪質改善トリートメントの違いを徹底解説!

    【2021最新】前髪の縮毛矯正をする前に知っておくべき事を解説

    【2021最新】人気のアディクシーカラーのメリットとデメリット徹底解説

    【2021最新】デジタルパーマ(デジパ)と普通のパーマの違いを徹底解説

    【2021年】美髪チャージ(サイエンスアクア)のメリットとデメリットを解説!

    【2021最新】人気の外国人風カラーで知っておきたい10の特徴を解説!

    『2021最新』グラデーションカラーでモテる髪の毛を徹底解説!

    『徹底解説』ローライトを使ったオシャレ女子の上級テク

    これで安心!前髪くせ毛(天然パーマ)で悩む方にオススメの解決方法!

      

    LONDONBAROQUE Hair and Nails

    4 Pollen St London W1S 1ND

    English Line 020 7629 3940
    Japanese Line 020 7491 2209

    Follow Us

    TOKYOBAROQUE TOKYO

    〒150-0001 Tokyo, Shibuya City, Jingumae, 3 Chome 5-10 2F
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目5-10 2F

    English & Japanese Line 03 5411 3011

    Follow Us
    archive-news-tokyo