News Tokyo

12 Apr 2021 Category -

『2021年最新』弱酸性縮毛矯正って何?特徴や効果を徹底解説

今まで縮毛矯正をされてきた方の中でこんな経験した事がある人がいると思います。

『以前縮毛矯正したらとても髪の毛が傷んだ』

『縮毛矯正のまっすぐすぎるのが嫌い』

などなど、縮毛矯正で過去に失敗されて傷んでしまったり、仕上がりに満足しなかったという人も多いと思います。

そんな中で、今人気が出てきた酸性縮毛矯正って知っていますか?

弱酸性縮毛矯正は、今までの縮毛矯正とは少し違った特徴をもつ最新の縮毛矯正手法です。

弱酸性縮毛矯正について詳しく知りたい方の為に、わかりやすく解説していきたいと思います。

縮毛矯正&髪質改善に特化した美容室検索サイトでもBaroque Tokyoがオススメの美容室10選に選ばれました!

表参道で縮毛矯正が上手なオススメ美容室10

https://goodvibeshair.jp/omotesando-straightening/

弱酸性縮毛矯正とは

弱酸性縮毛矯正とは、一般的なアルカリ剤を用いた縮毛矯正とは違い、弱酸性の薬剤を用いてクセを矯正する新しいサービスです。

一般的に、アルカリ剤を用いた縮毛矯正では、弱酸性である髪の毛をアルカリ剤を使って膨潤&軟化させ、その後にアイロンによる熱処理を行う事で髪の毛をまっすぐにしていきます。

その際、アルカリ剤は髪の毛へ負担がかかり、ダメージになりやすいというのがデメリットでした。

弱酸性縮毛矯正では、弱酸性の薬剤を用いる事で髪の毛への負担を最小限に抑えつつ、アイロンによる熱処理を工夫する事でくせ毛でもしっかりとまっすぐにストレートヘアにする事ができるんです。

弱酸性縮毛矯正はこんな人にオススメ

下記に1つでも当てはまる人がいたら、弱酸性縮毛矯正をオススメします!

自分にどれが当てはまるかチェックしてみましょう。

出来るだけダメージを少なくしてストレートにしたい人

アルカリ剤は髪の毛を膨潤&軟化するので髪の毛への負担がとても大きい薬剤です。髪の毛へのダメージを気にされている方であれば、弱酸性縮毛矯正の方をオススメします。

※弱酸性縮毛矯正でも、経験や技術力がないスタイリストが担当すると失敗、またはクセが伸びないなんて事が多く起こるのでしっかりと経験豊富な美容師に担当してもらうようにしましょう。

クセはそこまで強くないけど縮毛矯正をしている人

剛毛でクセがとても強い人の場合、ある程度のアルカリ剤による薬剤の力が必要な場合があります。ですが、クセはそんなに強くないけど、天然パーマでウネリや変なクセが気になるという方は、弱酸性縮毛矯正を一度試してみてもいいと思います。

弱酸性縮毛矯正でもクセは伸びますし、髪の毛への負担を最小限にしつつ髪の毛がストレートヘアになればよりGoodですよね。

髪の毛が痛みやすい人

もともと髪の毛が痛みやすい人っていると思います。何もしてないのにパサつきやすかったり、枝毛ができやすかったり。そんな方はアルカリ剤を使った縮毛矯正より、弱酸性縮毛矯正の方が良いですね。

髪の毛が痛みやすい人の場合は、縮毛矯正以外でもカラーやパーマなど、ダメージを抑えるための前処理、特殊なトリートメントなどを使ってしっかりとケアしながら行わないと、切れ毛や髪の毛がボロボロになりやすいので注意しましょう。

自然なストレートヘアにしたい人

今までアルカリ縮毛矯正をやっていたけど、やっぱりまっすぐすぎる仕上がりが嫌っていう人多いと思います。

経験が少ない美容師の場合、どうしても薬剤を長く放置しすぎて痛ませてしまったり、アイロンの熱が強すぎて髪の毛が炭化しやすくなるケースがとても多いように感じます。

そんな経験を過去にした事がある人は、弱酸性縮毛矯正で丸みのある柔らかい仕上がりになるのでオススメ。

弱酸性縮毛矯正って効果ない?痛む?

ネット上でも、

『弱酸性縮毛矯正はあまり効果がなかった』

『弱酸性縮毛矯正したけど傷んでしまった』

などの口コミをポータルサイトなどで書かれているサロンを見かけます。

この原因として

施術した美容師の技術が下手&知識不足&経験不足

はいこれが一番の要因です。

特に、クーポンサイトを利用するサロンさんでは、安い値段で弱酸性縮毛矯正をされているところも多く、こういった場合は弱酸性縮毛矯正という名前で客集めをしているパターンの美容室が多いように感じます。

弱酸性縮毛矯正はしっかりとクセを伸ばすことができるサービスです。

効果は絶大です。

ですが、あくまで弱酸性縮毛矯正も髪の毛のキューティクルを多少なりとも開いたり、アイロンによる熱処理でダメージを与えてしまうことは理解しておきましょう。

全く痛まない縮毛矯正なんてこの世にはありません。

弱酸性縮毛矯正のメリットとデメリット

弱酸性縮毛矯正のメリットとデメリットをしっかりと知っておくと、自分が弱酸性縮毛矯正をするべきなのかどうかを判断しやすいと思うのでチェックしておきましょう。

弱酸性縮毛矯正のメリット

  • 1ダメージを抑えやすい
  • 2柔らかい仕上がりになる
  • 3カラーやパーマに悪影響を与えにくい

弱酸性縮毛矯正のデメリット

  • ブリーチ毛やハイダメージ毛にはできない場合がある
  • 技術力の違いで失敗されやすい

弱酸性縮毛矯正は、たくさんのメリットが多いですが、やはり失敗される確率も高いようです。

その原因が、やはりスタイリストによる知識、技術力が原因です。

弱酸性縮毛矯正は、薬剤の知識やアイロン作業による技術力がとても重要になってきます。

なので、弱酸性の薬があれば大丈夫というわけにはいかないんですね。

なので縮毛矯正のお客さんがやっぱり集まる美容室っていうのは、それだけたくさんのお客様を担当して、様々なケースに対応できる技術力と知識があるって事なんです!

弱酸性縮毛矯正の頻度はどれぐらい?

弱酸性縮毛矯正なら痛みにくいとはいうけど、やりすぎはよくないですよね。

オススメは、髪の毛の長さやクセの強さによって変わってくるので、以下の数字を参考にしてみましょう。

  1. ショートヘア・・2〜4ヶ月おき
  2. ミディアムヘア・・3〜5ヶ月おき
  3. ロングヘア・・4〜6ヶ月おき

ショートヘアの場合、髪の毛が短いので少し伸びるとヘアスタイルの形が変わってしまいやすいです。

それに比べて、ロングヘアの場合は髪の毛が長いので、髪の毛の重さで根元のクセの部分が引っ張られるのでショートヘアに比べて全体のフォルムが変わりにくいんですね。

もちろん、人それぞれクセの強さやヘアスタイルのデザインによっても変わってきますが、上記のペースが一般的かと思います。

弱酸性縮毛矯正の値段と施術時間は?

Baroque Tokyoでは下記の値段で提供しています。

スタイリストのレベルや髪の毛の状態によってお値段が変動します。

(シャンプー、カット込み)

Straightening Ai ¥19,800〜¥25,300
Kazuya ¥22,000〜¥27,500
Hiroki ¥33,000〜¥44,000

Baroque Tokyoでは、マンツーマンで最初から最後まで担当スタイリストがシャンプー、薬の塗布、アイロン施術、仕上げを行なっているので、3時間前後かかります。

少し長くはなりますが、最初から最後までしっかりと経験豊富なスタイリストがお客様一人ひとりの髪の毛を大事に、丁寧に扱っておりますので満足のいく仕上がりを提供しております(^ ^)

弱酸性縮毛矯正は男性(メンズ)でもOK?

男性でも最近はストレートヘアにする方がとても多くなってきました。

Baroque Tokyoでは男性のお客様も多く、くせ毛や天然パーマで悩んでいるお客様も多数ご来店頂いております。

男性の場合は髪の毛が短いので、仕上がりがまっすぐ過ぎると不自然にみられやすいですよね。

そういった場合は、弱酸性縮毛矯正で柔らかさのある仕上がりにする事で、自然なストレートヘアになるのでオススメです!

弱酸性縮毛矯正をして失敗されたら?

弱酸性縮毛矯正は、髪質改善トリートメントと同じように人気の出てきたサービスですが、そうなると様々な美容室でも弱酸性縮毛矯正を導入するサロンが増えてきます。

そうなった時に、技術力や知識力が必要なメニューなのに、経験値が少ない状態でメニュー化するサロンがどうしても出てきてしまいます。

そうなると、一般のお客様もせっかく来店して施術を受けたのに、思いっきり失敗されたりするケースもネット上でよく見かけます。

そうならないために、しっかりと経験豊富な美容室で施術を行い、よく美容室である

『プラス◯◯円で痛まない縮毛矯正がありますよ』

なんて誘惑する美容室では施術をしないようにしましょう。

一度でも縮毛矯正を失敗さえたら、髪の毛は元どおりには戻らないんです。

だからこそ、縮毛矯正のように技術力や経験値が必要なサービスは、しっかりとお店選びをしてから予約するようにしましょう。

弱酸性縮毛矯正で使用する薬剤

髪質改善トリートメント/Straightening

Baroque Tokyoでは、弱酸性縮毛矯正で使用するお薬は自社オリジナルで開発したものを使用しております。

髪の毛への負担を最小限に抑えつつ、髪の毛の内部にトリートメントをたっぷりと補給するように作られた薬剤なので髪の毛への負担も少なく、もみずみずしく弾力のあるストレートヘアに仕上がります。

自社でオリジナルで開発させて頂くほど、縮毛矯正というサービスにとてもこだわりを持っているんです。

他サロンよりもなぜBaroque Tokyoには縮毛矯正のお客様が多数来店して頂けるのかは、実際に体験したお客様だからこそわかります(^ ^)

弱酸性縮毛矯正のやり方

Baroque Tokyoでは、弱酸性縮毛矯正する際はしっかりとトリートメント成分を配合した薬を使用し、しっかりと薬を塗布する前にも髪の毛に栄養を与えてできる限り健康な状態に近づけてから1液を塗布していきます。

この前処理で使用されるトリートメントをしっかりと髪の毛に含ませてあげることで、仕上がりも水々しい仕上がりになります。

前髪縮毛矯正で使用する薬剤も優しいマイルドなものを使用し、アイロン操作も髪の毛への負担を最小限に抑えて行なっています。

弱酸性縮毛矯正のビフォー&アフター写真

上記の写真を見てみてください。

こちらのお客様は、根元からの生えグセがとても強くて大きくうねりやすいタイプです。

それプラス、ヘアカラーもしており細毛なので髪の毛が痛みやすいのが特徴です。

でもBaroque Tokyoで提供する弱酸性縮毛矯正は右の写真のように、ツヤ感、手触り、あとは流しやすいように方向付けもしっかりとしてあげる事でナチュラルな仕上がりになるようにしております。

弱酸性縮毛矯正でシャキーンとまっすぐすぎたり、流したくてもストレートになりすぎてスタイリングしにくかったりした覚えがある人は、ぜひ私どもの縮毛矯正をぜひ体験してみてくださいね。

弱酸性縮毛矯正で良くある質問Q&A

クセはしっかり伸びますか?

弱酸性縮毛矯正でもしっかりとクセを伸ばすことは可能です。

ただし、クセや髪質によってはアルカリ縮毛矯正が良い場合もあります。

前髪や顔まわりでも弱酸性縮毛矯正でお願いできますか?

全然問題ありませんよ!

顔まわりはダメージになりやすい部分でもあるので、ダメージを気にされる方は弱酸性縮毛矯正で顔まわりや前髪をストレートにできます!

他店で弱酸性縮毛矯正をしたら伸びなかったのですがお直しできますか?

他店で弱酸性縮毛矯正をされて伸びなかった場合、髪の毛への負担度合いや伸びなかった原因などを一度確認しなければなりません。

なので当サロンへ一度足を運んでいただき、カウンセリングをさせて頂けたらと思います。

弱酸性縮毛矯正したあとでもボリュームをキープできますか?

髪の毛がぺちゃんと潰れたり、トップのボリュームが欲しい人は、その方の希望に合わせた仕上がりになるようにアイロンや薬剤の使い分けをしております。

ぜひ最初のカウンセリングの際に、ボリュームを残したい、ふんわりした仕上がりが良いなどお声を聞かせて頂ければと思います。

弱酸性縮毛矯正した日はシャンプーしてもいいですか?

弱酸性縮毛矯正の場合は、アルカリ剤の時よりも髪の毛が早くストレートに定着するのでシャンプーをその日にすることも可能です。

ただし、ピン留、帽子、ポニーテールのようなクセがつきやすいものは2日ほど避けた方がいいです。

弱酸性縮毛矯正した次の日はアイロン使ってもいいですか?

アイロンは使用しても大丈夫ですが、アイロンを使用するたびに髪の毛への熱によるダメージが蓄積されるので、しっかりと保護剤やオイルなどをアイロン使用する前につけてあげましょう。

東京で弱酸性縮毛矯正が上手な美容室ならBaroque Tokyoへ

Baroque Tokyo

Baroque Tokyoは表参道駅から徒歩6分の場所に位置しています。

スタイリストは、日本とロンドンで経験を積んだバイリンガルスタイリストです。

海外でも縮毛矯正の需要はとても多く、様々な人種の髪の毛でも対応できる技術力と知識力を持っております。

Baroque Tokyoでは、一人ひとりのお客様に納得して頂けるようなサービスを提供していますので、しっかりとカウンセリングでお客様の理想のイメージや髪の毛のコンディションなどを共有しています。

『Baroque Tokyoに来て良かった』

と心から思っていただけるようなサービスを提供しておりますので、ぜひとも皆様のご来店を心よりお待ちしております!

ご予約は、お電話、コンタクトフォームやホットペッパーからも可能となっております。

皆様と会いできる事を心よりお待ちしております!

ホットペッパー

コンタクトフォーム

03-5411-3011 

1 Mar 2021 Category -

【2021年最新】髪質改善ストレートと髪質改善トリートメントの違いを徹底解説!

近年髪質改善という言葉がいろんなところで耳にするようになりましたが、ネットやポータルサイトでも少しわかりにくい表記が多くなったとは思いませんか?

『髪質改善ストレートで綺麗な艶髪に』

『髪質改善トリートメントでサラサラの美髪に』

『ダメージレスの痛まない縮毛矯正』

『髪質改善縮毛矯正でCMのようなしなやかで健康的な髪の毛に』

などなど、髪質改善ストレート、トリートメントや縮毛矯正など、いったいどんな違いがあるのかわかりにくいですよね。

そんな方の為に、今回は髪質改善ストレートをベースに解説していきたいと思います。

髪質改善ストレートとは

今までの髪質改善トリートメントと言われている部類のものは、髪の毛の手触りや質感を向上するためのサービスでしたが、髪質改善ストレートとは、天然パーマのようなクセなどもしっかりと伸ばす力があるサービスの事を一般的には言われています。

なので髪質改善ストレートは髪質改善トリートメントよりもストレートに矯正する力があると思ってもらっていいですね。

髪質改善と同じ意味でよく使われる言葉には下の3つがあります

  1. 1.髪質改善トリートメント
  2. 2.髪質改善ストレート(酸性縮毛矯正)
  3. 3.髪質改善縮毛矯正

皆さんが一番知っているのは髪質改善トリートメントですね。

髪質改善トリートメントは天然パーマのようなクセが強い髪質をまっすぐにすることはできません。

手触りや収まりをよくする事は可能ですが、使用する薬剤も髪の毛への負担が最小限に抑えられているので一番ダメージにはならないですがクセを矯正する力は弱いです。

髪質改善ストレート(酸性縮毛矯正)は酸性の薬剤を使い、キューティクルも少しずつ開きながら必要以上に髪の毛の室ちん結合を切らずにストレートにしていくので髪の毛へのダメージが少ないというわけです。

縮毛矯正は、この3つの中で一番劇的に見た目の印象や髪の毛の質が改善することができる方法です。

その点、一番薬剤のダメージが大きく影響するメニューになります。

アルカリ剤と呼ばれる還元剤を使用し、髪の毛の内部にあるシスチン結合と呼ばれる連鎖を一度切断する作業が入るので髪の毛へのダメージも一番強いですが、その分どんなくせ毛の人でもしっかりとまっすぐに伸ばすことができます。

 

髪質改善ストレートの値段はどのぐらい?

髪質改善ストレートやトリートメント、縮毛矯正の値段の相場を解説します。

髪質改善トリートメントの値段

髪質改善トリートメントは一般的には10000〜15000円ぐらいが相場ですね。

髪質改善の場合は、髪の毛へのダメージがほとんどないのでやればやるだけ髪の毛の質が向上していきます。

なので、1ヶ月、2ヶ月に一度など定期的に行うことで髪の毛の質感、ツヤ感が以前よりもっとよくなるのが特徴です。

髪質改善ストレートの値段

髪質改善ストレートのように酸性の薬剤を使って施術する場合は、施術工程としては縮毛矯正と同じ工程や時間もかかるので髪質改善トリートメントよりも高くなります。

12000〜20000円ぐらいが相場だと思います。

髪質改善縮毛矯正の値段

髪質改善縮毛矯正も酸性縮毛矯正と同じぐらいの12000〜20000円ぐらいの美容院が多いです。

縮毛矯正の場合は安すぎるお店だと危険なので注意しましょう。

一番髪の毛へのダメージが強いサービスなので、一度の失敗で髪の毛がチリチリのビビリ毛になったりするケースもあるのでしっかりとあなたの髪の毛を大事に扱ってくれる経験豊富な美容室でやりましょう。

 

髪質改善ストレートを探す時はホットペッパーはNG!

髪質改善ストレートをしたいからホットペッパーを利用しようと思っている方。

ホットペッパーでは本当に自分に合った美容室、美容師さんを見つけるのは難しいかと思います。

ホットペッパーでは広告料を高く払えば誰でも上位に表示ができる仕組みになっており、ホットペッパーで集客をしているサロンさんで多い傾向にあるのが掛け持ちをしながらの接客スタイルです。

髪質改善は失敗されるお客様が多い原因で多いのが、ホットペッパーなどの安いクーポンを使ってやった事、難しい施術なのにアシスタントがメインで作業されたり、待ち時間などが長く薬を長く放置されたりすることが原因です。

ホットペッパーならたくさんの美容院を比べることができますが、髪質改善は髪の毛の知識、経験をしっかりと持った美容師さんにしてもらうことをお勧めします。

髪質改善ストレートが人気になったのはマツコ会議

以前にもテレビで放映されたマツコ会議がきっかけとなって全国的に髪質改善が人気になりましたね。

髪の毛がボサボサのADさんが、髪質改善を施術してもらった後の姿がサラサラのツヤ髪でとっても若々しくなったのが印象的でしたね。

それから一般のお客さんも髪の毛の艶の大事さに気づいて頂けて沢山のお客様も足を運んでいただけるようになりました。

お肌と同じように髪の毛も艶があるととっても見た目の年齢が若く見えるのでオススメです!

髪質改善ストレートのやり方(施術工程)

髪質改善ストレートは縮毛矯正の施術とほとんど同じになります。

違いは使用する薬剤がアルカリ剤ではなく酸性の薬剤を使うのでダメージが少ないという事ですね。

手順としては

  1. カウンセリング
  2. シャンプー
  3. 1液塗布
  4. 流し
  5. アイロン施術
  6. 2液
  7. 流し
  8. 仕上げ

の流れになります。

 

髪質改善ストレートは時間でどのぐらいかかるの?

髪質改善ストレートの場合、2時間〜3時間ぐらいかかります。

もちろん、一人で作業するか、アシスタントも一緒にするかによって時間も変わります。

前後スタイリストとアシスタントが作業に入るお店もあれば、マンツーマンでやってくれるお店もありますよね。

実際にはアシスタントが作業に入ってくれれば時間も早く終わりますが、失敗されることも多いようですね。

なので、スタイリストがマンツーマンでしっかりと最初から最後まで仕上げてくれるお店のかたが信頼できる失敗される確率も低いです。

髪質改善ストレートのお手入れ方法

髪質改善ストレートは、注意する事の1つとして高級アルコール系シャンプーを使わない事です。

一般的に市販で販売されているシャンプーは洗浄力が強く、せっかく髪質改善で髪の毛をコーティングしてツヤやハリがアップしたのに、そのシャンプーの洗浄成分で剥がれ落ちてしまいやすくなるからです。

なので、アミノ酸系シャンプーでマイルドなものを使うようにし、髪の毛の中間から毛先はゴシゴシ洗うのではなく、泡をつけて撫でるように洗ってあげましょう。

また、濡れたまま放置するのではなく、しっかりと毎日シャンプー後は乾かすようにしましょう。

髪質改善ストレートのメリットとデメリット

髪質改善ストレートのメリット

やはりアルカリ剤のように強めの薬剤を使用せずにクセや手触りを改善できる点ですね。

パキッとして仕上がりにならず、ナチュラルな仕上がりになるのでぺたんとボリュームがなくなったりもしません。

なので毛先が真っ直ぐすぎるのが嫌な人だったり、髪の毛がそこまで強くない人は髪質改善ストレートがオススメですね。

髪質改善ストレートのデメリット

髪質改善ストレートでもクセがとても強い人の場合は酸性の薬剤では伸ばせないこともあります。

またブリーチしてある髪の毛はハイパーダメージ毛の場合は、髪質改善トリートメントの方が適している場合もあります。

自分の髪質や髪の毛のコンディションがそこまで良くないと思っている方は、しっかりと美容師さんと相談してからどのサービスが良いか聞くのがベストですね。

髪質改善ストレートはメンズ(男性)でもできる?

男性の方でももちろん髪質改善ストレートは可能です。

アイロン作業が入るので、あまりにも短い髪の毛だと難しいですが、アイロンで髪の毛を挟めるだけの長さがあれば大丈夫ですよ!

男性の方でも少しクセを弱くしたい人、またダメージ毛でパサついてる方なども髪質改善でナチュラルなストレートヘアに変身できます。

仕上がりのイメージに合わせて、柔らかい自然なストレートヘアに仕上げていきますのでピンピンになるようなストレート毛にはならないので安心してください。

髪質改善ストレートは痛むの?

髪質改善ストレートは酸性の薬剤を使用しているので、一般的なアルカリ剤を使う縮毛矯正に比べて大幅にダメージが軽減されています。

今まで縮毛矯正をしていたけど、髪の毛のコシがなくなったりダメージがひどくなってきたとうい人は髪質改善ストレートに変更してもいいと思います。

また髪の毛のクセの強さや髪質によっては髪質改善トリートメントの方がいい場合もあるので、自分の髪の毛のダメージ具合に合わせて施術するメニューを変更した方がいいでしょう。

髪質改善ストレートと相性の良いOggi otto(オッジイオット)やOujua(オージュア)

髪質改善ストレートしたあとのホームケアとして、Oggi otto(オッジイオット)やOujua(オージュア)がとてもオススメです。

美容業界でもとても人気のあるホームケア商品で、自宅にいながらも髪の毛の状態を改善してくれるので、髪質改善ストレートしたあとの髪の毛を最高の状態でキープしてくれます。

洗浄力も強すぎず、髪の毛に優しい成分で作られているので、市販で購入したシャンプー(高級アルコール系シャンプー)などを使うよりはしっかりとしたケアができるOggi otto(オッジイオット)やOujua(オージュア)を使用して見ましょう。

髪質改善ストレートでビビリ毛や縮れ毛になる可能性はある?

髪の毛のダメージ許容量がオーバーした時に起こる現象『ビビリ毛』は、一度なってしまうと直すことができません。

たとえ髪質改善ストレートでも、髪の毛のキューティクルを開き、髪の毛の内部にあるシスチン結合を最小限といえど切る作業が入るので、下手な美容師、薬剤知識が少ない美容師だとなる可能性があります。

一度ビビリ毛になった髪の毛は元どおりにはならないので、ビビリ毛直し専門などに行くと手触りや見た目の改善をしてもらえるようですが、値段も2万や3万ぐらいかかり、しかも保証がないのでそれ以上失敗されたとしても泣き寝入りしなければなりません。

なので、ビビリ毛にならないようにまずは、あなたの髪の毛をしっかりとチェックし、適切なアドバイスをくれる美容師さんを探すことが一番大事なことです。

クーポンサイトのように安さでお店選びするのはやめましょう。

髪質改善ストレートで髪の毛をヘアエステのような感覚できれいにできる

皆さんがお肌や体をキレイにするためにエステに通うように、髪質改善も髪の毛のヘアエステのようなものです。

キレイな髪の毛になりたい方は、髪の毛のキューティクルを整えてあげ、表面にツヤを与えてあげる事で手触りが大きく改善し、見た目年齢も若く見えるので大変オススメです!

髪の毛のダメージ、衰え、老化は、チリも積もれば山となるように毎日蓄積していきます。

忙しい女性にとって中々毎日髪の毛のための時間を作れない方は、髪質改善でヘアエステをオススメします。

髪質改善をしたお客様のビフォー&アフター写真を紹介

最初のお客様は、ロングヘアをキープしたいけど、ツヤ感がなくパサついて見えるのが悩み。

髪の毛を長く伸ばしたいという思いのあまり、毛先はあまりカットなどされていなったようです。

髪の毛の毛先は少し重めに作ってあげると毛量が多く見えやすく、髪の毛の毛先も痛みにくいので髪質改善とメンテナンスヘアカットをさせていただきました!

仕上がりはお客様もとってもハッピーになって頂けてとても嬉しかったです!

こちらのお客様は大きなうねりが出やすく、髪の毛がまとまらないのが悩み。

毎朝ブローやスタイリングする時間もあまり取れないので、結んだりすることが多いようです。

でも当サロンの髪質改善で全体をケアしてあげると、ツヤ感アップに手触りもサラサラになるので毎朝のスタイリング時間も大幅に短縮!

後ろ髪が綺麗な女性って本当に美しいですよね!

こちらのお客様は、髪の毛のダメージがやや大きく、髪の毛が全体的にパサつき手触りはギシギシしている状態でした。

今回は当サロンでも人気のアディクシーカラーと髪質改善をさせて頂き、ブリーチをしなくても透明感と深みのある色味に変更し、髪質改善で全体のパサつきやうねりを改善させて頂きました!

お客様が髪の毛を何度も触りながら喜んで頂けたのがとても印象深かったですね!

こちらのお客様はミディアムヘアで、伸ばそうか切ろうか悩んでいました。

でも頑張って思いっきり伸ばしてみたいけど、髪の毛の内側がうねったり毛先の枝毛などが原因で痛んだ印象に。

髪質改善で全体的にツヤ感アップと手触りを改善し、ミディアムヘアでもお手入れなしでスタイリングができるように仕上げさせて頂きました!

これから頑張ってロングヘアまで伸ばせそうですと言っていただき、その後も2ヶ月に1回ご来店頂いているお客様です!

髪質改善でオススメの美容室

Baroque Tokyo

ここまで髪質改善について紹介しましたがいかがでしたか?

表参道で髪質改善をしてみたいと思われる方がいましたら、ぜひBaroque Tokyoに一度御来店ください!

Baroque Tokyoで使用する髪質改善は2種類あります。

1つ目が、クセをしっかり伸ばしつつも、髪の毛のダメージを最小限に抑え手触りとツヤ感を向上させるBaroque Tokyoオリジナルの髪質改善縮毛矯正です。

通常の縮毛矯正とは違って、トリートメントを薬剤の中に一緒に混ぜており、髪の毛に必要以上の負荷をかけないようにしています。

また、髪の毛を軟化する際にトリートメント成分を入れてあげることで、縮毛矯正後でもダメージになりにくくツヤ感と手触りが長い間持続します。

2つ目が、髪質改善サイエンスアクアです。

【2021年】美髪チャージ(サイエンスアクア)のメリットとデメリットを解説!

このメニューの特徴は、水のPH濃度の差を利用しており、髪の毛に対して一切のダメージがありません。

なのに仕上がりのモチがとても良く、ツヤ感と手触りが圧倒的に変わります。

やればやるほど髪の毛の状態がどんどん良くなっていき、写真で見るような【美髪】になれる数少ない人気のサービスです。

Baroque Tokyoでは、マンツーマン施術でしっかりとお客様の髪の毛を大切に、最初から最後まで経験豊富なスタイリストが担当しています。

ネットでよく見かける髪質改善で失敗される原因が、アシスタントを使ったサロンシステム、値段が安すぎる安価な商品、スタイリストの技術や知識不足がほとんどです。

一度ダメージを負った髪の毛を元に戻すことは不可能に近いので、しっかりとキレイな髪の毛にしたいお客様はぜひBaroque Tokyoをご利用ください。

Baroque Tokyoでは、高品質な商材のみを使い、日本と海外での経験豊富な美容師が勤務しております。

日本人の髪の毛より、外国人の髪の毛は人種によってバラバラです。そんな髪質でさえもBaroque Tokyoのスタイリストはそれぞれの人種に合わせた髪質改善をする事ができる知識と技術力を持っています。

お客様の大切な髪の毛を、ぜひ一度私どものサロンに任せて頂けたら嬉しいです◎

皆さまのご来店を楽しみにお待ちしております!

10 Feb 2021 Category -

【2021最新】前髪の縮毛矯正をする前に知っておくべき事を解説

前髪だけくせやうねりが強くて、毎日ストレスになっている人ってとても多いと思います。

雨が降ったり、湿気がある日なんてせっかくスタイリングしたのに外に出て数分でうねったりスタイルが崩れてしまったり。。。

そんな悩みを抱えている人にオススメなのが前髪縮毛矯正です!

前髪だけじゃなく、顔まわりの生え際、もみあげ付近など人それぞれ髪の毛のクセのでかたって違いますよね。

これから前髪縮毛矯正しようか考えている人の為に、ぜひ参考にしてほしい内容をこれから解説していますのでチェックしてみてくださいね!

縮毛矯正&髪質改善に特化した美容室検索サイトでもBaroque Tokyoがオススメの美容室10選に選ばれました!

表参道で縮毛矯正が上手なオススメ美容室10

https://goodvibeshair.jp/omotesando-straightening/

前髪縮毛矯正とは

前髪縮毛矯正とは、前髪や顔まわりにあるクセがやウネリをまっすぐに伸ばすためのヘアサービスです。

全体にするより短い時間で自分の髪の毛の悩みを解決でき、予算的にも格安なのでとても人気のメニューです。

日本人の場合、顔まわりや前髪の生えグセなどクセやウネリがある人がとても多いので、このように部分(ポイント)縮毛矯正はとても便利で悩みを解決できるサービスなのでオススメです。

前髪縮毛矯正はこんな人にオススメ

ではどんな人なら前髪縮毛矯正するのがベストでしょうか?

下記に1つでも当てはまる人がいたら、前髪縮毛矯正をオススメします!

自分にどれが当てはまるかチェックしてみましょう。

前髪や顔まわりだけ根元のクセが強い

日本人にとても多い顔まわりや前髪の生えグセ。

根元にクセがあると、中間から毛先も自然と曲がってしまいどうしてもうねってしまいます。

そんな人は生えグセをしっかりと見極めて部分的に縮毛矯正してあげると見た目の雰囲気もナチュラルに仕上がるのでオススメです。

朝からアイロンを使う時間を短縮したい

毎日アイロンで伸ばすのはいいけど、どうしても朝の時間をスタイリングに取られるから大変な人にもオススメ。

前髪は見た目の印象を大きく決める部分なので、どうしてもスタイリングが毎日必要ですよね。

顔まわりのクセだけでも縮毛矯正してあげることで、朝のスタイリング時間が5分から10分ぐらい短縮できるので朝忙しい人は是非。

毎日髪の毛をアップにしてるけど顔まわりだけストレートにしたい

毎日髪の毛をアップにしている人は、あまり気にならないかもしれませんが、顔まわりだけ下ろした状態にしたい人も多いかと思います。

全体的にクセやウネリが強い人は結んでいると楽ですが顔まわりは下ろしておくとヘアスタイルとしても可愛く見えるので、顔まわりだけするとよりアップスタイルも楽しめます。

アイロンによるダメージを出来るだけ軽減させたい人

顔まわりや前髪にクセがある人に必需品がアイロンですよね。

でも毎日高温度の熱でまっすぐにしていると、髪の毛もかなり傷んでしまいます。

毎日アイロンでまっすぐにするより、定期的に前髪や顔まわりのみ縮毛矯正をかけてあげる方が髪の毛へのダメージは少ないのでオススメ!

前髪なら縮毛矯正とストパーどっちがいい?

さて前髪をまっすぐにしたいと思っている人にとって、縮毛矯正とストパーどっちがいいのか悩んでいる人いませんか?

実は、縮毛矯正とストパーは似ているようですが仕上がりや工程が少し違います。

もし美容室に行っ他のに、自分の希望通りの仕上がりにならなかったなんてならないように、しっかりと違いを知っておきましょう。

前髪縮毛矯正の特徴

縮毛矯正の場合

  • 1髪の毛を柔らかくする1液塗布→流し
  • 2アイロンの熱でクセをまっすぐに伸ばす
  • 3髪の毛を固定する2液を塗布→流してスタイリング

というようなプロセスになります。

縮毛矯正の場合、どんな癖でもしっかりとまっすぐにできますが、薬がヘアカラーなどに比べて強く作られているのでダメージになりやすいです。

前髪ストパーの特徴

ストパーの場合

  • 1髪の毛を柔らかくする1液塗布→流し
  • 2コームを使ってクセをまっすぐに伸ばす
  • 3髪の毛を固定する2液を塗布→流してスタイリング

というように、アイロンを使わずコームだけで伸ばして終わりなんです。

薬は少し固めに作られており、コームで伸ばした状態を維持するように髪の毛は記憶されますが、強いクセなどは乾かすと戻ってきてしまいます。

特徴的なのは、濡れている状態ではストレートになり、乾くとクセが少し緩むぐらいと考えておきましょう。

パーマを落としたい時はボリュームを抑えたい時などに利用されやすいメニューです。

前髪縮毛矯正のメリットとデメリット

 

前髪縮毛矯正のメリットとデメリットをしっかりと知っておくと、自分が前髪縮毛矯正をするべきなのかどうかを判断しやすいと思うのでチェックしておきましょう。

前髪縮毛矯正のメリット

  • 1部分的に矯正をするのでダメージを少なく抑えられる
  • 2ツヤ感や手わざりがアップする
  • 3スタイリング時間を短縮できる

縮毛矯正はアイロンを使って髪の内部を矯正するので、艶が出てもちろん手触りもとてもサラサラになります。

全体を縮毛矯正するわけではないので、髪の毛への負担も最小限に抑えることができ、朝からスタイリングする時間も少しで大丈夫なのでいいですよね。

前髪縮毛矯正のデメリット

  • 1縮毛矯正した部分はパーマやハイトーンカラーはできない
  • 2ダメージがある髪の毛だとリスクが高い

縮毛矯正した部分の髪の毛の内部や矯正されているので今までの髪質とは大きく異なります。

なので、刺激が強いパーマやブリーチなどのハイトーンカラーはお勧めできません。

それ以外にも、白髪染めを繰り返して髪の毛にコシがなくダメージヘアの場合は最悪チリチリになったりするケースもあるので、痛みがすでに激しい人は髪質改善などのサービスが向いていると思います。

前髪縮毛矯正の頻度はどれぐらい?

では前髪縮毛矯正ってどれぐらいの頻度ですればいいんでしょうか?

髪の毛は1ヶ月に1cmぐらい伸びると言われています。

なので1ヶ月経つと根元のクセが1cm分伸びてしまいますよね。

だからと言って、短い頻度でやりすぎるとダメージが積み重なり前髪の仕上がりも悪くなってしまいます。

ベストな頻度は2ヶ月から3ヶ月ぐらいを目安に考えておきましょう。

前髪縮毛矯正の値段と施術時間は?

Baroque Tokyoでは前髪や部分縮毛矯正は7700円で行なっております。

カットとメニューの組み合わせじゃなく部分縮毛矯正のみの場合は別に1650円のシャンプー&ブロー代が入ります。

実際には、顔まわりや前髪など縮毛矯正をする部分の量や広さによってお値段も少し変動するので、ぜひお気軽にご連絡ください!

メールでの問い合わせも受け付けております。

部分縮毛矯正なら1時間〜1時間半ぐらいで仕上がりますので、お時間がない人でも予約しやすいかと思います。

前髪縮毛矯正は男性(メンズ)にも人気のメニュー

男性で顔まわりや前髪のくせ毛やうねりで悩んでいる方もぜひ前髪縮毛矯正でご予約くださいね。

Baroque Tokyoでは男性のお客様も多いので、前髪縮毛矯正や部分矯正なども行なっております。

男性の場合、2ブロックスタイルやマッシュ系など前髪を長めに残したい人なら前髪縮毛矯正がお勧めです。

あまり前髪をシャキーンと伸ばしたくない人であれば、当サロンで大人気の髪質改善サイエンスアクア ならダメージも無く柔らかいストレートヘアになるのでお勧めですよ。

前髪縮毛矯正を自宅で市販のものを使ってセルフでやるのは危険!

前髪縮毛矯正は少しだけしかやらないからといって、市販の縮毛矯正を使ってセルフでやるとあとあと後悔するケースが多いのでお勧めできません。

市販で販売されている縮毛矯正剤はどんな人にも作用するように強めの薬剤で作られています。

なぜなら全く作用しなかったらクレームになるからです。

では強めの薬剤で、カラー毛、縮毛矯正されてある髪の毛、白髪染めしている髪の毛やパーマしている髪の毛のようにもうすでにダメージがある髪の毛に使うとどうなるのか?

80%以上の確率で、髪の毛への負担が大きすぎて髪の毛がフニャフニャになり、切れ毛、チリチリ、最悪なケースだとブチっと髪の毛が切れてしまう可能性があるので危険です。

例えば、黒髪で今までにケミカルを使ったカラーやパーマをされていない髪の毛であれば、1度や2度の使用でも問題などないかもしれませんが、髪の毛本来のダメージレベルを理解できる知識がなければあとあと後悔するので気をつけましょう。

前髪縮毛矯正したらビビリ毛のようにチリチリになったら?

市販の縮毛矯正や、他店で前髪縮毛矯正をしてチリチリになったりしてしまった場合はどうすればいいでしょうか?

意外とチリチリになっている人は数多くいるようです。

一度チリチリになってしまった髪の毛が元どおりに戻ることはありません。

髪の毛の内部がボロボロになっているので直しようがないからです。

ビビり毛直しなどのサロンだと2万から3万円ぐらいの費用がかかります。

それでも、あくまで見た目を少し良くするというサービスなので、少しずつ毛先のダメージ部分をカットするというのが最善の方法です。

チリチリにならないように、セルフで縮毛矯正をやったり、経験の少ない安い縮毛矯正のお店を利用するのは控えましょう。

前髪縮毛矯正をして根元が浮いてしまったら?

これも他店でやって失敗されるケースで多いのですが、原因として強めの薬剤を使ってアイロン施術で強く引っ張りすぎるとなることが多いです。

また、長さが短い状態でも同じようなケースが起こり、生えグセなど強いお客様も失敗されると浮いてしまう事もあるので注意しましょう。

根元が浮いてしまった時は、濡れた状態で指の腹で根元を左右に擦りながら、上から下にドライヤーの熱を向けて乾かしてください。

根元をしっかりと濡れた状態から乾かしてあげれば根元は潰れてくれるので、あとは毛先をアイロンなどで方向付けしてあげると改善できますよ。

前髪縮毛矯正のやり方

Baroque Tokyoでは、前髪縮毛矯正する際はしっかりとトリートメント成分を配合した薬を使用し、しっかりと薬を塗布する前にも髪の毛に栄養を与えてできる限り健康な状態に近づけてから1液を塗布していきます。

この前処理で使用されるトリートメントをしっかりと髪の毛に含ませてあげることで、仕上がりも水々しい仕上がりになります。

前髪縮毛矯正で使用する薬剤も優しいマイルドなものを使用し、アイロン操作も髪の毛への負担を最小限に抑えて行なっています。

前髪縮毛矯正のビフォー&アフター写真

上記の写真を見てみてください。

こちらのお客様は、根元からの生えグセがとても強くて大きくうねりやすいタイプです。

それプラス、ヘアカラーもしており細毛なので髪の毛が痛みやすいのが特徴です。

でもBaroque Tokyoで提供する前髪縮毛矯正は右の写真のように、ツヤ感、手触り、あとは流しやすいように方向付けもしっかりとしてあげる事でナチュラルな仕上がりになるようにしております。

前髪縮毛矯正でシャキーンとまっすぐすぎたり、流したくてもストレートになりすぎてスタイリングしにくかったりした覚えがある人は、ぜひ私どもの縮毛矯正をぜひ体験してみてくださいね。

前髪縮毛矯正で良くある質問Q&A

縮毛矯正した前髪でもかきあげスタイルできますか?

かきあげスタイルにしたい場合は、前髪の長さやスタイルに合わせて根元のクセづけなどが必要になります。

なので担当のスタイリストにしっかりと施術前にイメージのデザインを伝えておきましょう。

縮毛矯正で前髪をパッツンにできますか?

人気のパッツン前髪にしたい人は、前髪縮毛矯正はとてもお勧めです。丸みをつけたい場合はアイロンなどで仕上げを操作できるのでオススメです。

縮毛矯正してペチャンコになるのが嫌なんですが

根元をしっかりと伸ばすとどうしてもボリュームが減ったように見えます。ペチャンコになるのが嫌な人は、髪質改善サイエンスアクア の方がボリュームもキープできるのでオススメです。

他店で前髪縮毛矯正をしたらシャキーンとなってしまいましたが修正できますか?

他店でもうすでに失敗された場合、薬剤などを使用するとよりダメージが重なるので、今後のなりたいイメージに合わせてカットや提案をさせて頂いております。

前髪縮毛矯正したあとでも横に流せますか?

前髪を横に流したい場合は、方向付けやアイロン操作が必要になってきます。Baroque Tokyoではしっかりと事前にお客様とカウンセリングでなりたいスタイルを共有してから開始するので流すスタイルも大丈夫です!

前髪縮毛矯正した日はシャンプーしてもいいですか?

縮毛矯正は、施術後でも髪の毛自体は完全に固定されていません。空気中の酸素と結合することによって少しずつストレートの状態がキープされるので、1日、または2日ぐらいはシャンプーを控えましょう。

前髪縮毛矯正した次の日はアイロン使ってもいいですか?

先ほどのシャンプーと同じように、完全にストレートに固定されていない状態の時はアイロンの熱も使用しない方がいいので、1日または2日ぐらいはアイロンの使用も控えてあげましょう。

縮毛矯正の技術が上手なサロンであれば、仕上がりのクオリティーも良いし髪の毛への負担を最小限にしながら綺麗なストレートヘアにしてくれます。

特にクーポンサイトで縮毛矯正のお値段が8000〜10000円前後のサロンもたくさんありますが、お客様一人一人にしっかりサービスしているわけでなく、アシスタントを使い回しながら施術しているのでリスクがありますよね。

女性にとって、髪の毛はとても大事な体の一部です。

縮毛矯正のように技術力や経験が必要なサービスをするときは、必ず経験豊富な美容室にお願いするようにしましょう。

前髪縮毛矯正が上手な美容室ならBaroque Tokyoへ

Baroque Tokyo

Baroque Tokyoは表参道駅から徒歩6分の場所に位置しています。

スタイリストは、日本とロンドンで経験を積んだバイリンガルスタイリストです。

海外でも縮毛矯正の需要はとても多く、様々な人種の髪の毛でも対応できる技術力と知識力を持っております。

Baroque Tokyoでは、一人ひとりのお客様に納得して頂けるようなサービスを提供していますので、しっかりとカウンセリングでお客様の理想のイメージや髪の毛のコンディションなどを共有しています。

『Baroque Tokyoに来て良かった』

と心から思っていただけるようなサービスを提供しておりますので、ぜひとも皆様のご来店を心よりお待ちしております!

ご予約は、お電話、コンタクトフォームやホットペッパーからも可能となっております。

皆様と会いできる事を心よりお待ちしております!

ホットペッパー

コンタクトフォーム

03-5411-3011 

今話題の弱酸性縮毛矯正について解説してみたので参考にしてみてください!

『2021年最新』弱酸性縮毛矯正って何?特徴や効果を徹底解説

今話題の髪質改善について、より詳しく解説してます!

ストレートとトリートメントの違いを知っておくと、参考になるのでぜひチェックしてみてください。

【2021年最新】髪質改善ストレートと髪質改善トリートメントの違いを徹底解説!

  

LONDONBAROQUE Hair and Nails

4 Pollen St London W1S 1ND

English Line 020 7629 3940
Japanese Line 020 7491 2209

Follow Us

TOKYOBAROQUE TOKYO

〒150-0001 Tokyo, Shibuya City, Jingumae, 3 Chome 5-10 2F
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目5-10 2F

English & Japanese Line 03 5411 3011

Follow Us
archive-news-tokyo