NEWS Tokyo

12 Apr 2021 Category -

『2021年最新』弱酸性縮毛矯正って何?特徴や効果を徹底解説

今まで縮毛矯正をされてきた方の中でこんな経験した事がある人がいると思います。

『以前縮毛矯正したらとても髪の毛が傷んだ』

『縮毛矯正のまっすぐすぎるのが嫌い』

などなど、縮毛矯正で過去に失敗されて傷んでしまったり、仕上がりに満足しなかったという人も多いと思います。

そんな中で、今人気が出てきた酸性縮毛矯正って知っていますか?

弱酸性縮毛矯正は、今までの縮毛矯正とは少し違った特徴をもつ最新の縮毛矯正手法です。

弱酸性縮毛矯正について詳しく知りたい方の為に、わかりやすく解説していきたいと思います。

縮毛矯正&髪質改善に特化した美容室検索サイトでもBaroque Tokyoがオススメの美容室10選に選ばれました!

表参道で縮毛矯正が上手なオススメ美容室10

https://goodvibeshair.jp/omotesando-straightening/

弱酸性縮毛矯正とは

弱酸性縮毛矯正とは、一般的なアルカリ剤を用いた縮毛矯正とは違い、弱酸性の薬剤を用いてクセを矯正する新しいサービスです。

一般的に、アルカリ剤を用いた縮毛矯正では、弱酸性である髪の毛をアルカリ剤を使って膨潤&軟化させ、その後にアイロンによる熱処理を行う事で髪の毛をまっすぐにしていきます。

その際、アルカリ剤は髪の毛へ負担がかかり、ダメージになりやすいというのがデメリットでした。

弱酸性縮毛矯正では、弱酸性の薬剤を用いる事で髪の毛への負担を最小限に抑えつつ、アイロンによる熱処理を工夫する事でくせ毛でもしっかりとまっすぐにストレートヘアにする事ができるんです。

弱酸性縮毛矯正はこんな人にオススメ

下記に1つでも当てはまる人がいたら、弱酸性縮毛矯正をオススメします!

自分にどれが当てはまるかチェックしてみましょう。

出来るだけダメージを少なくしてストレートにしたい人

アルカリ剤は髪の毛を膨潤&軟化するので髪の毛への負担がとても大きい薬剤です。髪の毛へのダメージを気にされている方であれば、弱酸性縮毛矯正の方をオススメします。

※弱酸性縮毛矯正でも、経験や技術力がないスタイリストが担当すると失敗、またはクセが伸びないなんて事が多く起こるのでしっかりと経験豊富な美容師に担当してもらうようにしましょう。

クセはそこまで強くないけど縮毛矯正をしている人

剛毛でクセがとても強い人の場合、ある程度のアルカリ剤による薬剤の力が必要な場合があります。ですが、クセはそんなに強くないけど、天然パーマでウネリや変なクセが気になるという方は、弱酸性縮毛矯正を一度試してみてもいいと思います。

弱酸性縮毛矯正でもクセは伸びますし、髪の毛への負担を最小限にしつつ髪の毛がストレートヘアになればよりGoodですよね。

髪の毛が痛みやすい人

もともと髪の毛が痛みやすい人っていると思います。何もしてないのにパサつきやすかったり、枝毛ができやすかったり。そんな方はアルカリ剤を使った縮毛矯正より、弱酸性縮毛矯正の方が良いですね。

髪の毛が痛みやすい人の場合は、縮毛矯正以外でもカラーやパーマなど、ダメージを抑えるための前処理、特殊なトリートメントなどを使ってしっかりとケアしながら行わないと、切れ毛や髪の毛がボロボロになりやすいので注意しましょう。

自然なストレートヘアにしたい人

今までアルカリ縮毛矯正をやっていたけど、やっぱりまっすぐすぎる仕上がりが嫌っていう人多いと思います。

経験が少ない美容師の場合、どうしても薬剤を長く放置しすぎて痛ませてしまったり、アイロンの熱が強すぎて髪の毛が炭化しやすくなるケースがとても多いように感じます。

そんな経験を過去にした事がある人は、弱酸性縮毛矯正で丸みのある柔らかい仕上がりになるのでオススメ。

弱酸性縮毛矯正って効果ない?痛む?

ネット上でも、

『弱酸性縮毛矯正はあまり効果がなかった』

『弱酸性縮毛矯正したけど傷んでしまった』

などの口コミをポータルサイトなどで書かれているサロンを見かけます。

この原因として

施術した美容師の技術が下手&知識不足&経験不足

はいこれが一番の要因です。

特に、クーポンサイトを利用するサロンさんでは、安い値段で弱酸性縮毛矯正をされているところも多く、こういった場合は弱酸性縮毛矯正という名前で客集めをしているパターンの美容室が多いように感じます。

弱酸性縮毛矯正はしっかりとクセを伸ばすことができるサービスです。

効果は絶大です。

ですが、あくまで弱酸性縮毛矯正も髪の毛のキューティクルを多少なりとも開いたり、アイロンによる熱処理でダメージを与えてしまうことは理解しておきましょう。

全く痛まない縮毛矯正なんてこの世にはありません。

弱酸性縮毛矯正のメリットとデメリット

弱酸性縮毛矯正のメリットとデメリットをしっかりと知っておくと、自分が弱酸性縮毛矯正をするべきなのかどうかを判断しやすいと思うのでチェックしておきましょう。

弱酸性縮毛矯正のメリット

  • 1ダメージを抑えやすい
  • 2柔らかい仕上がりになる
  • 3カラーやパーマに悪影響を与えにくい

弱酸性縮毛矯正のデメリット

  • ブリーチ毛やハイダメージ毛にはできない場合がある
  • 技術力の違いで失敗されやすい

弱酸性縮毛矯正は、たくさんのメリットが多いですが、やはり失敗される確率も高いようです。

その原因が、やはりスタイリストによる知識、技術力が原因です。

弱酸性縮毛矯正は、薬剤の知識やアイロン作業による技術力がとても重要になってきます。

なので、弱酸性の薬があれば大丈夫というわけにはいかないんですね。

なので縮毛矯正のお客さんがやっぱり集まる美容室っていうのは、それだけたくさんのお客様を担当して、様々なケースに対応できる技術力と知識があるって事なんです!

弱酸性縮毛矯正の頻度はどれぐらい?

弱酸性縮毛矯正なら痛みにくいとはいうけど、やりすぎはよくないですよね。

オススメは、髪の毛の長さやクセの強さによって変わってくるので、以下の数字を参考にしてみましょう。

  1. ショートヘア・・2〜4ヶ月おき
  2. ミディアムヘア・・3〜5ヶ月おき
  3. ロングヘア・・4〜6ヶ月おき

ショートヘアの場合、髪の毛が短いので少し伸びるとヘアスタイルの形が変わってしまいやすいです。

それに比べて、ロングヘアの場合は髪の毛が長いので、髪の毛の重さで根元のクセの部分が引っ張られるのでショートヘアに比べて全体のフォルムが変わりにくいんですね。

もちろん、人それぞれクセの強さやヘアスタイルのデザインによっても変わってきますが、上記のペースが一般的かと思います。

弱酸性縮毛矯正の値段と施術時間は?

Baroque Tokyoでは下記の値段で提供しています。

スタイリストのレベルや髪の毛の状態によってお値段が変動します。

(シャンプー、カット込み)

Straightening Ai ¥19,800〜¥25,300
Kazuya ¥22,000〜¥27,500
Hiroki ¥33,000〜¥44,000

Baroque Tokyoでは、マンツーマンで最初から最後まで担当スタイリストがシャンプー、薬の塗布、アイロン施術、仕上げを行なっているので、3時間前後かかります。

少し長くはなりますが、最初から最後までしっかりと経験豊富なスタイリストがお客様一人ひとりの髪の毛を大事に、丁寧に扱っておりますので満足のいく仕上がりを提供しております(^ ^)

弱酸性縮毛矯正は男性(メンズ)でもOK?

男性でも最近はストレートヘアにする方がとても多くなってきました。

Baroque Tokyoでは男性のお客様も多く、くせ毛や天然パーマで悩んでいるお客様も多数ご来店頂いております。

男性の場合は髪の毛が短いので、仕上がりがまっすぐ過ぎると不自然にみられやすいですよね。

そういった場合は、弱酸性縮毛矯正で柔らかさのある仕上がりにする事で、自然なストレートヘアになるのでオススメです!

弱酸性縮毛矯正をして失敗されたら?

弱酸性縮毛矯正は、髪質改善トリートメントと同じように人気の出てきたサービスですが、そうなると様々な美容室でも弱酸性縮毛矯正を導入するサロンが増えてきます。

そうなった時に、技術力や知識力が必要なメニューなのに、経験値が少ない状態でメニュー化するサロンがどうしても出てきてしまいます。

そうなると、一般のお客様もせっかく来店して施術を受けたのに、思いっきり失敗されたりするケースもネット上でよく見かけます。

そうならないために、しっかりと経験豊富な美容室で施術を行い、よく美容室である

『プラス◯◯円で痛まない縮毛矯正がありますよ』

なんて誘惑する美容室では施術をしないようにしましょう。

一度でも縮毛矯正を失敗さえたら、髪の毛は元どおりには戻らないんです。

だからこそ、縮毛矯正のように技術力や経験値が必要なサービスは、しっかりとお店選びをしてから予約するようにしましょう。

弱酸性縮毛矯正で使用する薬剤

髪質改善トリートメント/Straightening

Baroque Tokyoでは、弱酸性縮毛矯正で使用するお薬は自社オリジナルで開発したものを使用しております。

髪の毛への負担を最小限に抑えつつ、髪の毛の内部にトリートメントをたっぷりと補給するように作られた薬剤なので髪の毛への負担も少なく、もみずみずしく弾力のあるストレートヘアに仕上がります。

自社でオリジナルで開発させて頂くほど、縮毛矯正というサービスにとてもこだわりを持っているんです。

他サロンよりもなぜBaroque Tokyoには縮毛矯正のお客様が多数来店して頂けるのかは、実際に体験したお客様だからこそわかります(^ ^)

弱酸性縮毛矯正のやり方

Baroque Tokyoでは、弱酸性縮毛矯正する際はしっかりとトリートメント成分を配合した薬を使用し、しっかりと薬を塗布する前にも髪の毛に栄養を与えてできる限り健康な状態に近づけてから1液を塗布していきます。

この前処理で使用されるトリートメントをしっかりと髪の毛に含ませてあげることで、仕上がりも水々しい仕上がりになります。

前髪縮毛矯正で使用する薬剤も優しいマイルドなものを使用し、アイロン操作も髪の毛への負担を最小限に抑えて行なっています。

弱酸性縮毛矯正のビフォー&アフター写真

上記の写真を見てみてください。

こちらのお客様は、根元からの生えグセがとても強くて大きくうねりやすいタイプです。

それプラス、ヘアカラーもしており細毛なので髪の毛が痛みやすいのが特徴です。

でもBaroque Tokyoで提供する弱酸性縮毛矯正は右の写真のように、ツヤ感、手触り、あとは流しやすいように方向付けもしっかりとしてあげる事でナチュラルな仕上がりになるようにしております。

弱酸性縮毛矯正でシャキーンとまっすぐすぎたり、流したくてもストレートになりすぎてスタイリングしにくかったりした覚えがある人は、ぜひ私どもの縮毛矯正をぜひ体験してみてくださいね。

弱酸性縮毛矯正で良くある質問Q&A

クセはしっかり伸びますか?

弱酸性縮毛矯正でもしっかりとクセを伸ばすことは可能です。

ただし、クセや髪質によってはアルカリ縮毛矯正が良い場合もあります。

前髪や顔まわりでも弱酸性縮毛矯正でお願いできますか?

全然問題ありませんよ!

顔まわりはダメージになりやすい部分でもあるので、ダメージを気にされる方は弱酸性縮毛矯正で顔まわりや前髪をストレートにできます!

他店で弱酸性縮毛矯正をしたら伸びなかったのですがお直しできますか?

他店で弱酸性縮毛矯正をされて伸びなかった場合、髪の毛への負担度合いや伸びなかった原因などを一度確認しなければなりません。

なので当サロンへ一度足を運んでいただき、カウンセリングをさせて頂けたらと思います。

弱酸性縮毛矯正したあとでもボリュームをキープできますか?

髪の毛がぺちゃんと潰れたり、トップのボリュームが欲しい人は、その方の希望に合わせた仕上がりになるようにアイロンや薬剤の使い分けをしております。

ぜひ最初のカウンセリングの際に、ボリュームを残したい、ふんわりした仕上がりが良いなどお声を聞かせて頂ければと思います。

弱酸性縮毛矯正した日はシャンプーしてもいいですか?

弱酸性縮毛矯正の場合は、アルカリ剤の時よりも髪の毛が早くストレートに定着するのでシャンプーをその日にすることも可能です。

ただし、ピン留、帽子、ポニーテールのようなクセがつきやすいものは2日ほど避けた方がいいです。

弱酸性縮毛矯正した次の日はアイロン使ってもいいですか?

アイロンは使用しても大丈夫ですが、アイロンを使用するたびに髪の毛への熱によるダメージが蓄積されるので、しっかりと保護剤やオイルなどをアイロン使用する前につけてあげましょう。

東京で弱酸性縮毛矯正が上手な美容室ならBaroque Tokyoへ

Baroque Tokyo

Baroque Tokyoは表参道駅から徒歩6分の場所に位置しています。

スタイリストは、日本とロンドンで経験を積んだバイリンガルスタイリストです。

海外でも縮毛矯正の需要はとても多く、様々な人種の髪の毛でも対応できる技術力と知識力を持っております。

Baroque Tokyoでは、一人ひとりのお客様に納得して頂けるようなサービスを提供していますので、しっかりとカウンセリングでお客様の理想のイメージや髪の毛のコンディションなどを共有しています。

『Baroque Tokyoに来て良かった』

と心から思っていただけるようなサービスを提供しておりますので、ぜひとも皆様のご来店を心よりお待ちしております!

ご予約は、お電話、コンタクトフォームやホットペッパーからも可能となっております。

皆様と会いできる事を心よりお待ちしております!

ホットペッパー

コンタクトフォーム

03-5411-3011 

  

LONDONBAROQUE Hair and Nails

4 Pollen St London W1S 1ND

English Line 020 7629 3940
Japanese Line 020 7491 2209

Follow Us

TOKYOBAROQUE TOKYO

〒150-0001 Tokyo, Shibuya City, Jingumae, 3 Chome 5-10 2F
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目5-10 2F

English & Japanese Line 03 5411 3011

Follow Us
single-news-tokyo